『ヒロアカ』劇場版、舞台は“海外”若き日のオールマイトが描かれたビジュアル解禁

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気コミック『僕のヒーローアカデミア』の劇場版が、8月3日(金)より全国公開。この度、第2弾ビジュアルとタイトルが解禁された。

原作コミックは、既刊17巻で累計発行部数1300万部を突破。2016年4月より放送されたテレビアニメも1期2期と人気を博し、2018年4月から3期の放送が決定している本作。

物語の舞台となるのは、総人口の約8割が何らかの超常能力「個性」を持って生まれる世界。事故や災害、そして「個性」を悪用する犯罪者・敵(ヴィラン)から人々と社会を守る職業・ヒーローになることを多くの若者が夢見る中で“無個性”で生まれてしまった主人公・緑谷出久(みどりや いずく/通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校である雄英高校に入学し、一人前のヒーローを目指して成長していく姿を描いている。

劇場版では、アニメ第2期の最後に描かれた「期末試験編」の後、そして第3期で描かれる「林間合宿編」の間に起こった出来事=「空白の夏」が展開。原作者・堀越耕平が総監修を務めるオリジナルストーリーとなっている。

そんな劇場版のタイトルは、『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』。解禁となったビジュアルは、「WHO IS YOUR HERO」というキャッチコピーの中、これまで原作でもアニメシリーズでも描かれることのなかった、若き日のオールマイトの姿。そしてデク、爆豪、お茶子、飯田、轟というお馴染みのA組メンバーが歩くのは、海外に浮かぶ人工島<I・アイランド>。“海外”という初めての舞台を背景に、物語の始まりを感じさせるビジュアルとなっている。