話題の親子漫才コンビ・完熟フレッシュ『エンタの神様』初出演

実の父と娘という異色の親子漫才で話題の完熟フレッシュ(池田57CRAZY・池田レイラ)が、日本テレビ系にて3月24日(土)に放送される『エンタの神様』(19:00~20:54)に初出演することがわかった。

福澤朗白石美帆がMCを務める同番組では、笑いのチャンピオンたちが最強のネタを次から次へと披露。お馴染みのエンタ芸人や、いま旬な若手芸人、さらに実力派芸人達が、ここでしか見ることの出来ない最強のネタでスタジオを沸かせる。

完熟フレッシュは、元日に同局の『おもしろ荘』に出演したことがきっかけでテレビ出演が増加。そしてついに、憧れのエンタのステージでの漫才披露となった。ステージでは、57CRAZYが「昔のコンビでエンタのオーディション7、8回受けたけど1回も受かったことない!」と自虐ネタを繰り出し、レイラが毒舌で返すという独特のスタイルで、観客の笑いを誘う。

ネタ披露後、3歳の頃から同番組を見ていたというレイラは、好きな芸人について「ラバーガール」の名前を挙げ、57CRAZYと同期であることも告白。「お笑い養成学校できっと同じことを学んできたはずなのに、なんでこんなに面白さに差があるんだって。もう恥ずかしくて言えないんですよ!」と言い、福澤は「ものすごくお父さんを客観視できてますね。この子すごいわ!」と絶賛。白石も「13歳とは思えない……」と驚いた。

また、今後の目標を聞くと、レイラは「昔、子どもで漫才師の“りあるキッズ”さんがいたんですけど、そういう感じになりたいです。うちらにしかない年齢差を活かして」と語り、57CRAZYは「僕はこの子に、お笑い界の芦田愛菜ちゃんになってもらえればいいなと。同じ年なので」と、それぞれ展望を述べていた。