マーティ・フリードマン、高橋克典とアメリカ民謡の父・フォスターの人生と名曲を紐解く

世界的ギタリストのマーティ・フリードマンが、3月16日に放送される『ららら♪クラシック』(Eテレ、毎週金曜21:30)に出演。同番組は、俳優・高橋克典がクラシック音楽の魅力を楽しく、分かりやすく伝えていく。

この日は「フォスター名曲集~美しき夢を歌い続けて~」と題して、19世紀のアメリカを代表する作曲家・作詞家のスティーヴン・フォスター(1826年7月4日~1864年1月13日)を特集する。

”アメリカ民謡の父”とも言われ親しまれている彼は、人間そのものの姿を見つめ、多くの人々が抱く望郷の思いをテーマとする作品によって人気の歌謡作家になった。晩年は貧しく悲惨な境遇に陥りながらも聴く者の心をつかむ作品を発表し続けた。37年の短い生涯にフォスターは何を夢みたのか。彼のドラマチックな人生をたどりながら名曲の魅力をひも解く。

PICK UP