フジ、昼・平日夜・日曜朝に新ニュース番組を放送!梅津弥英子、大村晟らを起用

フジテレビは、4月から「プライムニュース」を報道ニュース番組の統一ブランドとし、夕方のニュースを『FNNプライムニュース イブニング』とするのにあわせ、昼、平日の夜、そして日曜の朝に新たなニュース番組をスタートさせる。

まず、『FNNプライムニュース デイズ』(毎週月~金曜11:30~11:55、毎週土・日曜11:50~12:00)は、「知ったら誰かに伝えたくなるニュース」をコンパクトに凝縮し、わかりやすく正確に素早く届ける。キャスターは、『とくダネ!』で朝の顔を務めた梅津弥英子アナウンサーが担当。また、入社5年目の大村晟アナウンサーが月~木曜、ベテランの奥寺健アナウンサーが金曜を担当する。土曜は山中章子アナウンサー、日曜は竹内友佳アナウンサーが、引き続き“週末の昼の顔”として担当。時代を切り取るさまざまな現場からのFNNアナウンサー、記者のリポートにも期待が高まる。

夜のニュース番組は「プライム」という新たなブランドのもと、「働く人のためのニュース番組」というコンセプトや、その日あったことが短時間でわかる構成はそのままに、見やすさを向上させ『FNNプライムニュース α』(毎週月~木曜23:40~24:25、毎週金曜24:10~24:55)に進化。メーンキャスターは引き続き椿原慶子アナウンサー(月~木曜)と松村未央アナウンサー(金曜)が務め、フィールドキャスターもこれまで通り安宅晃樹アナウンサーが担当する。忙しく働く方々が短時間で情報を得られるように、その日知りたいニュースをコンパクトに伝えると同時に、仕事で実際に使えそうなビジネスのヒントや最先端の実用的経済や働き方の新たな価値観などを伝える企画も提供。さらに、これらのさまざまなニュースにコメンテーターが、注目すべきポイントを“+α”する。

そして、αファミリーに新たに加わるのは、月~木曜のスポーツを担当する内野泰輔アナウンサー。学生時代に打ち込んだ水球やラグビーでの経験を活かし、金曜担当の鈴木唯アナウンサーと最新スポーツ情報やアスリートの活躍を爽やかに、そして真摯に伝える。

日曜の朝は、『報道2001』『新報道2001』と26年続いた老舗の番組から、「ニッポンを日曜朝からザワザワ動かす」がコンセプトの『報道プライムサンデー』(毎週日曜7:30~8:25)に生まれ変わる。最新ニュースにこだわり、徹底した取材をもとにした最新情報を提供。そして一週間にあった出来事を他の番組では見られない視点で切り取っていく。さらに、『新報道2001』で定評のあった本質に迫る討論を引き継ぎ、テーマを絞り、コンパクトに展開。メーンキャスターは佐々木恭子アナウンサー。頼りがいのある肝っ玉ぶりで番組をコントロールし、難しい議論もリード。東大卒の知性と、母としての生活者の目線も持って番組を仕切る。そして、“情報プレゼンター”を奥寺健アナウンサーが務め、ニュース、討論に欠かせない情報やデータを的確に分かりやすく提示し、議論を盛り上げる。さらに、視聴者との橋渡し役となる“ファシリテーター”として、ハーバード大卒業の異色タレント、パックンことパトリック・ハーランが参加。その知性とユーモアあふれる語り口で、難しい議論を視聴者にも分かりやすく噛み砕いていくほか、発信力のあるご意見番(コメンテーター)が週替わりで参加。そして討論は、そのニュースの当事者・関係者をゲストに進行する。佐々木アナウンサーを中心にご意見番やゲストからニュース性のある発言を引き出し、それが新たなニュースとして発信される、そんな発信型の生放送を目指すという。

梅津アナウンサー、『FNNプライムニュース デイズ』のチーフプロデューサー・青山美保(報道局)のコメントは以下の通り。

<梅津弥英子>
情報番組『とくダネ!』を離れ、4月から4年ぶりに報道番組を、それもニュースが飛び交う大事な時間帯を担うことになりました。改めて、身の引き締まる思いがしています。様々なメディアから情報が溢れる今の時代だからこそ、見て下さる方の心が少しでも動く25分間をお届けしたいです。どうぞよろしくお願い致します。

<チーフプロデューサー・青山美保(報道局)>
梅津アナウンサーのモットーは「人生は挑戦」、大村アナウンサーの特技は「顔のパーツを大幅に動かすことができる」だそうです。『プライムニュース デイズ』では、最新のニュースやその真相に迫る解説をご覧いただくと同時に、梅津アナの新たな挑戦と、大村アナのニュース読みでの喜怒哀楽の表情にもご注目いただければ。また、この時間帯のニュースでこれまでおなじみのベテラン、奥寺アナのわかりやすい解説にもご期待ください。