吉岡里帆『眠狂四郎』で時代劇に初出演!田村正和と初共演で“親子”役!?

若手女優の吉岡里帆が、田村正和主演の『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系、2月17日21:00~)にて時代劇初出演を果たす。田村とは、今回が初共演となる。

時代劇ドラマ『眠狂四郎』のシリーズ総決算となる本作は、柴田錬三郎による豪剣小説が原作。同シリーズは、1956年から「週刊新潮」で連載がスタートし、幾度となく映画やテレビでシリーズ化され人気を博してきた。これまで何人もの名俳優が狂四郎を演じてきたが、その中でも異彩を放っていたのが1972年~73年の連続ドラマで主人公を演じた田村だ。田村演じる狂四郎は、武家社会の醜さや町人世界のあくどさを嫌悪しながら、彼の腕や美貌を利用し、甘い汁を吸おうとする悪徳大名や商人に正義の剣をふるい、その姿は当時世間の注目を浴びた。そしてフジテレビ系の制作としては、およそ半世紀の時を経て、田村と狂四郎のコラボレーションが復活する(テレビ朝日制作作品も過去にあり)。

今回は、複雑な生い立ちを持ち、伝説の剣を操る狂四郎が、江戸に戻り自らの出生や運命に立ち向かう様子が描かれる。劇中で対峙する最大の敵は、狂四郎と同じく円月殺法を使う妖術の使い手・加賀美耀蔵(椎名桔平)。狂四郎が最大の敵を前にして、自らの残酷な運命を切り開けるのかが見どころとなる。

現在放送中の初主演ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、毎週火曜22:00~)では、自分に自信が持てず挙動不審になってしまう主人公を演じ、話題を集めている吉岡。本作で演じるのは、武家の娘で美しく快活な操(みさお)だ。ある日突然、狂四郎の前に現れ、狂四郎のことを「父上」と呼び、皆を驚かせる。狂四郎を慕っているが、本当の娘なのかは不明だ。果たして、初共演の田村とどんな演技を見せるのか?

<あらすじ>
狂四郎の育ての親とも言える空然和尚(中原丈雄)が何者かに斬殺され、江戸に戻ってきた狂四郎。幼い頃から慈しみ深く育ててくれた空然の死に、狂四郎は言葉にできないほどの悲しみを覚え、幼い頃の記憶を思い起こす。そんな中、なじみの文字若(名取裕子)の家でくつろいでいると、瓦版屋の金八(八嶋智人)が血相を変えて騒々しく駆け込んできた。狂四郎に会いたいという若い娘が訪ねてくるというのだ。文字若の家に現れた操は、狂四郎をいきなり父上と呼び、狂四郎を絶句させ……。

PICK UP