新木優子・太田莉菜・久松郁実・野崎萌香・八木アリサ、美女たちが本音トーク「笑って発散できる」

新木優子・太田莉菜・久松郁実・野崎萌香・八木アリサ、美女たちが本音トーク「笑って発散できる」

フジテレビの動画配信サービス『FOD』で配信中の人気ドラマ『ラブラブエイリアン2』が、1月22日(月)25時05分より、同局地上波で放送がスタート。(通常放送は毎週月曜24:55~)。このほど、メインキャストの新木優子太田莉菜久松郁実野崎萌香八木アリサに、ドラマの見どころを語っていただいた。

本作は、新木演じる料理上手のフードコーディネーター・石橋園美が住むアパートにやってきた手のひらサイズの宇宙人たちと、彼らと同居することになった女子たちの日常を描いたシチュエーションコメディの第2弾。太田は、知的でスキルの高い検事・篠原サツキ、久松はイマドキのゆるふわパーマ女子・笠原チズル、そして、新たに加わった野崎は、気鋭のスタイリスト・松永ミコト、八木は、園美の職場の後輩・北村スミレをそれぞれ演じる。人間をはるかに上回る科学力を持つ宇宙人が、人を瞬間移動させたり、本音だけしか言えないようにしたりするなどの能力を使うことで、登場人物たちはリアルな心の内をさらけ出していく。

前シリーズに続いて登場する新木、太田、久松の3人は、新シリーズの制作について「嬉しかった」と声をそろえ、かねてから新木と仲良が良いという新メンバーの野崎は「嬉しくて感動でした」、八木は「ニューキャラクターのスミレちゃんを楽しんでいただけるよう精一杯がんばりました」と仲間入りを喜んだ。

そんな彼女たちに宇宙人の魅力を尋ねると、新木が「3頭身の体にちょっとだけ出ているお腹が愛おしい」と語るなど、それぞれが宇宙人の可愛いフォルムを絶賛。また、人間とは一味違った感覚のセリフに対しても、「突き放すことを言いながらも、なんだかんだと寄り添い近くにいてくれる優しさと愛嬌がたまらない」(太田)、「すごく酷いこともたくさん言うけど憎めない」(久松)と愛らしさをアピール。そんな中、新木は実際に宇宙人んと過ごすことがあったら「本音光線を浴びせたい」といたずらっぽく笑っていた。

そして、本シリーズの見どころと言えば、何と言っても美人キャストたちが織り成す赤裸々な女子トーク。新木は「女性が見たら日頃のストレスを笑って発散できる」と語り、野崎も「このドラマに励まされたり、くすっと笑って笑顔になってくれたら嬉しい」、八木も「ゆるーく笑ったり、ちょっぴり泣けたりできると思います」と共感できる内容になっていると紹介。さらに新シリーズでは、もう一歩踏み込み、“妊娠”をテーマにしたエピソードも盛り込まれており、働く女性であり、そして自身も母である太田は、「妊娠したかもしれないサツキが、仕事と母になることへの不安に苛まれる話は、ずしんと自身にも響くものがあり台本を読むたびに色々なことを思い出し考えました」と話した。

一方で、男性の心理も次々に暴かれていく。例えば第3話には、前シリーズにも登場し、宇宙人の“本音光線”によってハチャメチャな合コンを繰り広げた高山(弓削智久)が再び登場。今回は、自分に自信を持てないスミレに対して「胸があるだけでポイントが高い!」と女性陣の前で本音をぶちまけるなど、振り切ったキャラクターを熱演する。野崎は「いつも以上にぶっとんでいる会話に注目してほしい」とこのシーンについて語り、新木も「みんなもいつもより思い切り個性を出せた回だった」と振り返った。

そして、劇中の男女のやり取りついて八木や久松が「どちらの本音もおもしろい」、「女子って本当はこういうことを思っているんだ! と、男子も色々と勉強になると思う」と語る一方で、太田は「男の人のぶっちゃけは、女性に比べたら可愛い」と笑い、「女の根っこの部分を見て“理解しよう!”なんて思わずに、どうぞたくさん胃もたれしてください!」と男性視聴者にメッセージを送った。

最後に、煌びやかで妖艶なオープニングのダンスについて聞くと、新木は「少しだけ変わったフリもあるので探してください」と明かし、久松は「助監督さんがカメラテストで踊ってくれるなど現場がワイワイ盛り上がって楽しかったです! 一人で踊るときは、皆に見られるので恥ずかしかったです」と語り、太田は「ダンスが下手で一番のプレッシャーだったかも」とコメント。新たに加わった野崎は「恥ずかしいぐらい踊りが遅刻しがちなのですが……。一生懸命踊りました! お手柔らかに優しい気持ちで見てもらえると嬉しいです」とアピールした。

画像ギャラリー