深田恭子×松山ケンイチが不妊の夫婦、高畑淳子が姑役!“妊活”ドラマスタート

深田恭子松山ケンイチが妊活に励む夫婦を演じる新ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)が、1月18日に15分拡大でスタート。第1話となる今回は、主人公の五十嵐奈々(深田)と大器(松山)夫妻が、医師から「不妊症」と告げられてしまうエピソードが描かれる。

本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。コーポラティブハウスは、一戸建てより安く、マンションよりデザインにこだわりを追求できるという理由で近年、注目されている。しかし、住人同士は否でも応でも密接な関係を築くことになり、各家族の秘密が徐々に暴かれていく。

コーポラティブハウスに住んでいるのは、スキューバダイビングのインストラクター・奈々とおもちゃメーカーに勤務する大器夫妻、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ商社マンの小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そしてこのコーポラティブハウスの設計も手掛けた建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。

子どもが大好きな奈々と大器は、1年ほど前から子作りを始めていた。そんな矢先、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が、家業の焼き鳥店で働く糸川啓太(前原滉)の子を妊娠。夫の健作(春海四方)と店を切り盛りする大器たちの母・聡子(高畑淳子)は大喜びし、「次は奈々の番だ」と期待を寄せる。

「早く子どもが欲しい」と願う奈々は、大器を説得し、不妊治療専門のクリニックを訪れることに。そこで奈々たちは、「1年以上避妊していないにもかかわらず妊娠に至らないのは、不妊症だと言える」と主張する片岡医師(伊藤かずえ)の言葉にショックを受ける。

ある日、奈々たちがコーポラティブハウスに帰宅すると、共有スペースでは小宮山一家が餅つきをしていた。さっそく手伝い始める奈々たちだが、その際奈々は、渉を訪ねてきた青木朔(北村匠海)と出会う。実は、朔は渉の恋人で、渉と一緒に暮らすつもりでいた。2人は男性同士のカップルで……。

PICK UP