古畑星夏、松井愛莉の長過ぎる足に嫉妬「おかしいでしょ!」

本郷奏多が主演を務めるドラマ『ラブホの上野さん season2』が、現在フジテレビの動画配信サービス「FOD」にて配信中。メイキング映像を収めた「特別編」では、season2のヒロイン・品川佐奈役、古畑星夏のインタビュー映像が公開された。

本作は、本郷演じるラブホテル「五反田キングダム」のスタッフ・上野さんが、さまざまな恋の悩みやトラブルを解決へと導く物語。season1ではアルバイトだった一条昇(柾木玲弥)が、大学を卒業し正社員になり、ホテルの近所にある「むちゃカフェ」でアルバイトをしていた中瀬麻衣(松井愛莉)とのその後の様子なども描かれている。

「特別編」では、出演者インタビューのほか、恋活パーティーやキャバクラ撮影の様子、そしてクランクイン、クランクアップの様子が公開。season2から参加した古畑は、収録に入る前「途中から参加なので、不安の方が大きいのはあります」と語っており、演じる役柄については、「ぶっ飛んでいる。意地悪な女の子だけど、“自分に素直でいいんだよ”と上野さんに教えてもらって、回を重ねるごとに優しくなる」と説明。「佐奈の成長物語でもあるので、そこも楽しんでもらえたら」と見どころを述べた。

そして、本郷の印象を聞くと「テレビから出てきたまんま。色が白いし、柾木くんも白いので、“なんなんだ? 男軍”って思います。良いな~」と、美意識の高さに尊敬の念を送った。

そんな中、第6話のキャバクラシーンの撮影へ。season1でヒロインだった松井との共演し、古畑は「足長すぎでしょ! おかしいでしょ!」と嫉妬。背中が大胆に空いた、赤く身体にフィットしたロングドレスについても「セクシー!」と声をあげた。そんな古畑は、ピンクのストラップレスドレスを着用。劇中、「スカイツリー!」と叫び両手を上に上げるシーンがあるため、「(手で押さえられないため、衣装が)落ちたらどうしよう」と不安をあらわにしていた。

クランクアップでは、「充実した1か月間でした。不安もあったのですが、監督をはじめ皆さんに支えられて、ここまでできたなと本当に思っています」と感無量の表情を浮かべた古畑。「出来上がりが楽しみです。ありがとうございました」と感謝を伝えていた。

PICK UP