佐野勇斗、新木優子に恋するお坊ちゃま役で参戦『トドメの接吻』

公開:

俳優の山﨑賢人が主演を務める1月クールの連続ドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜)に、佐野勇斗の出演が決定。大手クルーズ会社の御曹司・長谷部寛之を演じることがわかった。

本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・堂島旺太郎は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。

これまで、毎週木曜に「キスリレー」形式で1人ずつキャストが明かされてきたが、この第5弾が「キスリレー」の最終回。佐野が演じる長谷部寛之は、大手クルーズ会社の御曹司。新木優子が演じるお嬢様の並樹美尊に恋するお坊ちゃまで、美尊とその兄・尊氏(新田真剣佑)とは幼馴染で、小さい頃から美尊に惚れているが、相手にされず……。そんな美尊にちょっかいを出してくる旺太郎にライバル心をむき出しにする。

今回の出演について佐野は、「こんな豪華な皆さんの中に混じって恐れ多いのですが、沢山のことを学びたいと思います! 御曹司の役ということで、どこか危なっかしく世間知らず、だけど憎めない様な長谷部を演じられたらなと思っています! 放送を楽しみにしていてください」とコメントを寄せている。

次週12月7日には4人のキャストが発表される予定。発表を前に、4人の“キスマーク”も到着。果たして誰のモノなのか予想してみては?

PICK UP