生田斗真、衝撃告白!?「すずかアリスかわからない」

公開: 更新:

俳優の生田斗真が28日、新宿ピカデリーで行われた『先生! 、、、好きになってもいいですか?』初日舞台あいさつに、ヒロインの広瀬すず、竜星涼、森川葵、健太郎、中村倫也、三木孝浩監督とともに登壇。生田は作品にちなんで「今だから言える、初めての告白」というお題に「実は目がとにかく悪く、裸眼だと0.06ぐらいしかないんです。いまはコンタクトレンズを入れていますが、外したら(隣にいるのが)すずか(広瀬の実姉の)アリスかわからない」と告白し、会場を沸かせた。

本作は、人気漫画家・河原和音の、先生と生徒の禁断の恋を描いた人気漫画「先生」を恋愛映画のヒットメーカー三木孝浩監督が実写映画化。生田はクールで愛想はないが、生徒への愛に満ち溢れている世界史教師・伊藤を、広瀬は、そんな伊藤先生に人生で初めて恋心を抱く女子高生・響を演じている。

生田のやや微妙(!?)な告白に対して、広瀬は撮影での裏話で対抗。広瀬と生田は、作品の中で重要な役割を果たす屋上でのキスシーンに挑むこととなったが、撮影前に昼休憩があったという。その際、カレーともう一つのお弁当があったのだが、広瀬は生田から「どっちを食べるの?」と聞かれると、迷うことなく「カレー」と言ったことを告白。

広瀬は「もちろんちゃんと食べたあと歯は磨きました」と語っていたが、マネージャーからは「本当にカレーを食べるの?」とやや困惑した表情で言われたという。当の生田は「全然覚えていない」と言っていたが、広瀬にとってはかなり気になっていたことだったようだ。

また森川や健太郎は三木監督のオーディションでの秘話を告白。森川は「以前、三木監督のオーディションに行ったとき落とされて、すごく悔しかったので、この映画に出演できてうれしかった」と笑顔をみせると、健太郎は「僕は昔、三木監督作品に出演させていただいたのですが、出演シーンがすべてカットされたという経験があります」と告白。そんな二人に三木監督は平謝りしていた。

最後に生田は「三木監督のもと、スタッフさんとキャストが一丸となって愛情をもって作った映画です。多くの皆さんに届いてくれたら」と思いを語ると、広瀬の「好きになってもいいですか?」という掛け声で、詰め掛けた観客500人が赤白のハートマークを作るサプライズ。生田は「いいよ」と満面の笑みを浮かべながらつぶやいていた。

PICK UP