カップル芸人・にゃんこスター、ラブラブ私生活を大公開

公開:

話題のカップル芸人・にゃんこスタースーパー3助アンゴラ村長)が、10月30日放送の『人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007合体SP』(日本テレビ系、21:00~22:54)の「深イイ話」パートに出演することがわかった。

結成わずか5か月で、今月1日に行われた「キングオブコント2017」で準優勝したにゃんこスター。大会後に仕事のオファーが100件以上も増え、超売れっ子になった2人は、なんと交際中のカップル。お笑い界では前代未聞の“カップル芸人”である事も話題になった。今回、そんなにゃんこスターにテレビ初密着。超多忙な仕事の裏側から、ラブラブ私生活、さらにブレイクした後も都内のカラオケ店でアルバイトをするスーパー3助(34歳)と、ベンチャー企業に勤めるアンゴラ村長(23歳)の働く姿も初公開される。

一躍人気者となった2人は、テレビ番組出演や地方での営業で大忙し。今の平均睡眠時間は、なんと2時間だという。そんな過密スケジュールの中、スーパー3助が最もテンションが上がったのが『スッキリ』の生放送で大ファンの水卜麻美アナに会った時。放送後、水卜アナに「カップルで仕事ができたら楽しいですね」と声をかけられ大喜びする。

また、多忙を極める一方で、2人は移動中の車内で寄り添って寝たりとラブラブ。アンゴラ村長が隣で寝ている時に、スーパー3助にインタビューをすると「今は彼女として見てます」とデレデレ。どんなに忙しくても洋服の色を合わせるのが2人のルールであることも明かす。

また、スーパー3助が3年前から務めている都内のカラオケ店では、ブレイク後に初めて の出勤した日も「ドリンクバーはあちらになります。いってらっしゃいませ」と、いつものように接客。客ににゃんこスターだと気付かれたいと言うが、果たして気付いてもらえるのか。

一方、アンゴラ村長は今年、早稲田大学を卒業した後に都内のベンチャー企業に就職。実はバリバリのキャリアウーマンで、芸人にも関わらず企業で働く理由は「両親が公務員で、アルバイトはダメって言われた」と明かし、芸人を続ける条件が “就職して安定した収入を得ること”らしい。これまでの給料は、会社が10万円、芸人が3千円であったことも告白する。

さらに、ラブラブな2人に「もし別れたらコンビは解消するのか?」とスタッフが質問すると、スーパー3助は「別れてもコンビを続けたい」とする一方、アンゴラ村長は「別れたら解散」と食い違う場面も……そんな2人の“深イイ話”とは一体何なのか。

PICK UP