「ババヘラ」秋田の名物アイス露店に密着

人々が行き交う街角。そこに足をとめ、通りすがりの人に目を向ける番組『ドキュメント72時間』(NHK総合、毎週金曜22:50)。9月15日は、「真夏の秋田 ババのアイスが恋しくて」と題して放送。

今回の舞台は、真夏の秋田。国道沿いや浜辺を行くと、鮮やかなパラソルが現れる。それは、「ババヘラ」と呼ばれるアイスクリームの露店だ。名前の由来は、販売員の中年女性「ババ」が、金属製の「ヘラ」を使ってアイスをコーンに盛りつける姿から。ほんのり甘い懐かしいアイスと、ババとの会話を楽しめるのが人気で、地元住民から帰省中の人々・ 旅行者などが集まってくる。数十人いる“ババ”の出没先 ”は、天候や人の流れで変わるため当日まで不明。偶然出会った故郷の味を手に、それぞれが語る日々や人生の出来事とは? 地方のひと夏の物語をカメラは見つめる。