島崎遥香、ギャルのハッカー役に挑戦!新ドラマでディーン・フジオカの仲間に

ディーン・フジオカ武井咲がW主演を務める10月クールの連続ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の追加キャストが発表され、三宅弘城が「盗み屋」の目黒、島崎遥香が「探り屋」の栃乙女を演じることがわかった。

原作は藤石波矢による同名小説シリーズ。「脅迫という“悪”で人を救う」というダークヒーロー・千川完二(ディーン)と、変人級の「善人&お人よし」で少しの悪でも見過ごせない上に、「困っている人がいるなら、誰であっても放っておけません!」と、赤の他人のピンチにいつも首をつっこむヒロイン・金坂澪(武井)という二人と、その仲間を中心に物語が展開。最後にはなぜか人が救われていく、クライム・ミステリーがポップに描かれる。

今回の出演決定を受け、三宅は「きっと脅迫される側だと思いました」と率直な感想を述べ、自身が演じる目黒役については「自分なりのこだわりがすごく強く、そのせいで周りからはうざがられるような男。こだわってこだわってこだわり抜いた結果、ピッキングのプロというのもうなずけます」と分析。また、ディーンとは連続ドラマ小説『あさが来た』以来の共演だが、「ほとんど絡みがなかったのでとても楽しみです。あの眼力に圧倒されないよう気をつけます」と楽しみな様子。一方の武井については「『戦力外捜査官』で一度共演させていただきましたが、ものすごい長いセリフを難なくこなす姿に感動しました。またご一緒できて嬉しく思います」とコメント。「“脅迫”という言葉のイメージとは裏腹に、スカッとするようなドラマになるのではないでしょうか。どうぞお楽しみに!」とメッセージを送った。

対する島崎は「日曜ドラマは私にとってとても大きなチャンスをいただいた場でした。またこうしてこの時間帯にお芝居をさせていただけるという有り難みと喜びを感じ、共にプレッシャーも感じました」と喜びを明かし、自身が演じる役については「ギャルでハッカー、名前は栃乙女。これだけで既に強烈な匂いがしてワクワクしました。髪色は明るくしたいなと思っています」とコメント。

そして、「ディーン・フジオカさん、三宅弘城さんとの初共演ですが、お二人と共に難事件を解決していくという事でどんなチームワークになるのか今から楽しみです。武井さんは私が中学生の時には既にティーン誌で活躍されていて同い年の私にとってカリスマ的存在です。一緒にお芝居をするのが楽しみです」と意気込み、「“脅迫屋”という仕事はリアリティーがないからこそ面白いなと感じました。どのような雰囲気、テンポ感で作られていくのか私自身も未知ですが観てくださる皆さんが一緒にこの世界観を味わっていただけるようなそんな作品になればと思っています!」と語った。