福山雅治の「胸キュンスカッと」テーマソングに「ステキすぎる」「最高」絶賛の声が続出

福山雅治の新曲「jazzとHepburnと君と」が、フジテレビ系列で放送中のバラエティ番組『痛快TV スカッとジャパン』(毎週月曜19:57~)内の人気コーナー「胸キュンスカッと」のテーマソングとして採用され話題となっている。

8月28日は、矢作穂香と秋元龍太朗が高校生役を演じた「最後の夏花火」を放送。河上彩花(矢作)は、高校1年生から今井楓太(秋元)に想いを寄せながらも、素直になれずにいた。そんな中、友人の松本更紗(仁村紗和)に「颯太のこと好きなんでしょ?」と問いかけられ、「今のままで良い」と曖昧な言葉を返すと「私が貰っちゃっても良いの?」といたずらな笑みを向けられる。

月日は流れ、高校3年生の夏。彩花は更紗に誘われて花火大会に行くことに。しかも「浴衣で来てね。颯太くんたちもいるから」と言われ動揺する。そして当日、彩花と更紗、颯太、そして男子2人の5人で会場に向かうと、更紗は男子2人を連れて買い出しに行ってしまう。2人取り残され困った彩花は「颯太くんは更紗のこと好きなんだ。上手くいくと良いね」と思ってもいないことを口にしてしまい、颯太は目をそらし耳を赤くする。素直になれない自分に後悔を滲ませた彩花は、花火が打ちあがり始めると「ちょっとお手洗いに行ってくるね」と言って、その場から離れるのだった……。しかし、そこで意外な展開が起こり、実は颯太も彩花のことが好きだったことが明らかになり、彩花もついに本心を伝えることに成功。花火が祝砲を上げるという、夏の日の思い出を綴った胸キュンストーリーが展開された。

このVTRに、MCの内村光良をはじめとするスタジオのメンバーが口々に「ええなぁこれ」「夏が終わっちゃうよ」「花火大会の夜を思い出すな」と大絶賛。さらに内村は「福山さんのイントロが流れるとくる」と語り、SNS上でも「凄くステキ」「声にキュンキュンした」「歌が最高すぎる」とVTRと見事にマッチした楽曲を称賛する声が続出していた。

そのほか番組では、笹野高史の「スカッとばあちゃん」シリーズや、「イラッとする隣人」をテーマにした「おすそ分けで金をとる隣人」(出演・濱田マリ)、「隣のぐーたらママ」(出演・中村静香)が放送された。