吉瀬美智子×板谷由夏×長谷川京子、モデル出身女優が意気投合「気持ちがわかる」

フジテレビ系列で放送中のドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜22:00~)に出演している、吉瀬美智子板谷由夏長谷川京子が、8月20日放送のフリートーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜19:00~)に出演。妻として、母として、女優として感じている、日々の喜びや葛藤を打ち明ける。

収録は2時間10分ノンストップで行われ、それぞれが自らの人生を幼少期から振り返り、モデルから女優へと転身した人生の岐路について告白。現在の女優という立場や仕事について本音でぶつかり合っていく。

それぞれが2児の母ということで、母親として育児・家事における“あるある話”を皮切りに、息子・男という“生き物”についてテーマが発展、 経験豊富な彼女たちならではの“男”の分析トークも。そして、気になる女優としての“美意識”や“体型維持”についても追求するなど幅広いテーマが語られる。

出演中のドラマの話題になると、劇中のファッション雑誌「ヴァニティ」のトップモデルを演じる吉瀬、敏腕編集デスク役の板谷、そして、復帰したナンバーツーモデル役の長谷川による撮影中のママ友会発足エピソードが明かされる。

収録を終えた3人は、お互いに「気持ちがわかる」「話すテーマが共感できる」と振り返りながら、吉瀬は「それぞれ自分にはないものを持っている」と言って「板谷さんは、“いい母ちゃん”だと思います。京子ちゃんはストイックで、頑張り屋さん。私にまったくないところだから、本当にすごい」とコメント。すると板谷は吉瀬について「男っぽいと思っていたけど、やっぱり男っぽかった!(笑) 私にはない素敵な部分をたくさん持っている」と語り、長谷川は板谷について「もっと男っぽいと思っていたけど、違いますね。私の中で消化できないほどいろんな要素があります」と打ち明けていた。

PICK UP