鈴木おさむ「これマジ!」人気コンビの集客が3分の1になった理由を告白

次世代を担う若手芸人が、鈴木おさむとネタについてブレストし、スターを目指すお笑い番組『冗談手帖』(BSフジ、毎週水曜23:00~)。8月2日の放送は、大阪から上京してきた結成10年目のコマンダンテ(安田邦祐・石井輝明)がゲスト出演する。

番組では、ゲスト芸人が最も自信のある“最強ネタ”と、鈴木が指定したお題をテーマにした“実験ネタ”の合計2本を披露。さらに実験ネタ披露後のブレストコーナーでは、ネタの感想やネタ制作時の想いだけでなく、若手芸人たちの悩みを鈴木が見抜き、的確にアドバイスを送る。

実験ネタでは、鈴木が「シンプルだがすごく難しい」と語る、「ボケ・ツッコミ入れ替わり」をテーマに指定。コマンダンテも「恥ずかしい」「コマンダンテの雰囲気を出しつつ入れ替われるのか?」と不安そうな表情を見せながらも、2週間の中でネタを練っていく。

ブレストコーナーでは、ツッコミ石井のイケメンぶりが話題に。安田が、イケメンでオシャレでネタも書けて面白いと絶賛する石井の自宅取材VTRが公開されると、大阪から東京に出てきたことをきっかけに“あるモノ”を購入するなど、東京への変わったイメージと見栄っ張りな一面を垣間見せる。

鈴木はさらに、今回のテーマの核心に迫るため「なんで自分でネタを書いているのにボケないの?」と質問。また「テレビに出た時のいじられ方が今のネタにすべてある」「ネタは芸人の○○」と語り、2人にとって重要な要素についてアドバイスを送る。

そして、「本当に売れたいなら」と言って、芸とは違う側面からもガチンコでアドバイス。一同驚がくの表情を浮かべ盛り上がりを見せるが、鈴木は「これマジ!」と言い放ち、「ある超人気コンビの集客が3分の1になった……」と、その理由を語っていく。