夏休みの宿題、いつやるタイプかで「太りやすい」かバレちゃう?

公開: 更新:

7月19日の『オイコノミア』(Eテレ、毎週水曜22:00)は、ゲストにニッチェを招き、「経済学で知ってびっくり!肥満の正体」と題して放送。経済学で肥満を解消できるのか、ピースの又吉直樹と探っていく。

今、日本の男性の肥満率がじわじわ上昇中。どうして太るのか? 実は本人のせいだけではなく、意外なところにも原因が潜んでいる。経済学を通して見えてきた肥満の正体に迫る。

どうして太るのか? そこに関わるのが、あなたは「夏休みの宿題をいつやるタイプ」だったかどうか。最後にまとめてやる人ほど太りがち、と経済学は指摘するが、それって一体どういうこと? 肥満のきっかけは、いまや世の中にたくさんあふれている。加工技術や流通の発達で、おいしいものを安く手軽に食べられるのも引き金の一つとか……。しかし、悩み深き肥満は、ある経済学を使ったアイデアで解消できるという。ちょっとした工夫があれば、ご飯のときに摂取カロリーを減らしかつ満腹感を得られることも可能に!? ストレスフリーの秘策も紹介する。

PICK UP