SOLIDEMOが日テレ「seazoo 2017」一日店長に!ファン交流イベントは大盛況

日本テレビが主催する夏の恒例イベント「日テレRESORT seazoo 2017」の広報大使が、長身音楽グループ・SOLIDEMO(ソリディーモ)に決定。10日、一日店長イベントに登場し、会場を大いに盛り上げた。

15年目となる今年の「seazoo」は、Beverlyがイメージソングを担当。また、「プリップリ ガーリックシュリンプ」「太陽のロコモコ」「灼熱のスパイシータコライス」「ハワイアンBBQフライドチキン」などボリューム満点のメインメニューをはじめ、豊富なサイドメニューやデザートメニューが用意されている。

夏空の下、多くの利用客が集まった海の家にSOLIDEMOが現れると、会場は大盛り上がり。黄色い声援が飛び交う中、8人それぞれが店員に扮して、客と触れ合いながら業務をこなし、ファンも大満足の様子だった。

体験イベントを終えて、リーダーのシュネルが「ファンのみなさんの笑顔が見られて嬉しかったです。普段は時間に追われていても、海に来ることで時間を忘れてリラックスできますし、たくさん海に遊びに来て欲しいです」と語り、山口智也が「今までの牛角でのバイト経験を活かしてテキパキと働かせていただきました。僕のおかげでこのお店が回転していたので、引き続き働かせていただきたいと思います(笑) 近い距離でファンの方の自然な笑顔を引き出せてよかったです!」と、手島章斗が「なかなか海でイベントすることがない中、一日店長をやるのも初めてだったのでseazooで貴重な体験をさせていただけました。ファンの方とも近い距離で触れ合えて嬉しいなと思いました。夏と言えば海。そこにスミノフとか美味しいお酒もいっぱいあるので、みんなでseazooに来て、楽しんでいただきたいと思います」とそれぞれファンとの交流を振り返る。

また、中山優貴が「本当に海が目の前ですし、フードやドリンクの種類もたくさんあって、何回来ても飽きない場所だと思います。来てくださったら、また来たいなと思ってもらえるような場所になっていますので、ぜひ、一度は遊びに来ていただきたいです」と、木全寛幸が「僕の中での海の家のイメージがガラッと変わりました。内装もすごく綺麗ですし、オシャレな料理も多いので、新しい海の家を感じていただけると思います」と、向山毅が「海の家で広報大使というのは初めてで緊張したんですけど、たくさんのお客様、ファンのみなさんが集まってくださって、あっという間の楽しい時間でした。また、seazooでは料理だけではなく、雪肌精さんのテスターもあるので、体を日焼けから守りつつ、美味しいご飯を楽しんでいただけたらと思います」とseazooの魅力をアピールした。

その後、佐々木和也が「なかなか海に行く機会の無い方もいらっしゃると思うのですが、seazooでは目の前に海があって、休みたくなったら中に入って料理やお酒を楽しみながら、コミュニケーションの場としてお友だちを作るもよし。そこで経験した夏の思い出が、seazooとともにあるような感じになれば大成功だと思います」とまとめ、最後に佐脇慧一が「みなさんと一緒に一日触れ合えてすごく楽しくて、笑顔が見られてよかったと思います。日本じゃないようなリゾート感がすごくて、国内にいるのにハワイにいるような気持ちになれていいところだと思います。この海の家seazooは……ハイパーパンプ!! です!」とオリジナルワードを交えてPRするも微妙な空気に……。しかし、メンバーが「トライはする子なんです。でもその分エラーも多いですけど(笑)」とフォローすると会場は笑いに包まれていた。

PICK UP