雨上がり決死隊、貧乏だった東京進出時に決死の覚悟で10万円を80万円に

雨上がり決死隊が気になる人・モノに迫るカンテレのバラエティー番組『雨上がりのナニモン!?』(毎週土曜18:30~)。7月1日の放送で「高級車に乗っている人」の素顔に迫っていく。

まず声をかけたのは、イタリアの高級車「ランボルギーニ」に乗る男性。キックボクシングジムを経営するこの男性の自宅にお邪魔すると、そこは5LDKの大豪邸。リポーターのかまいたちが「ボクシングジムってそんな儲かるんですか?」と聞くと、「ボクシングジムは趣味」だという。はたして彼の本業とは?

続いて、高級スポーツカー「マクラーレン」に乗る男性は、まさかの普通のサラリーマン。「年に1回のペースで高級車を乗り換える」と言い、高級車の購入資金を稼ぐためにとっているという行動にスタジオメンバーは仰天。さらに、ヴィンテージカーに乗るマダムにも密着。彼女が40年以上同じ車に乗り続ける理由に、ゲストの山村紅葉も「素敵です!」と大感動する。

そんな中、蛍原徹は、東京進出にあたりお金がなく、決死の覚悟で10万円を80万円に増やしたというエピソードを告白。「寝たりゆっくりしたいのでワゴン派」という山村は、昨年まで乗っていたという車を披露。“内装が〇〇だらけ”で雨上がり決死隊を驚がくさせる。