有村架純の姉・藍里、エゴサーチの結果は「ブス」修正ソフト「使ってます」

有村架純の姉でグラビアアイドルの有村藍里が、6月28日放送の『良かれと思って!』(フジテレビ系列、毎週水曜22:00~)にゲスト出演。エゴサーチの様子などを明かす。

この番組は、MCのバカリズム、劇団ひとり、澤部佑(ハライチ)、カズレーザー(メイプル超合金)が、訪れるゲストに対して良かれと思って「愛のあるご提案」「愛のある指摘」「愛のある改善点」を提言。ゲストには“愛のあるご意見”として受け入れてもらおうという、愛情に満ちあふれたおせっかいバラエティ。

今回、「世間の声を伝えさせていただきます!」と題し、一般人に、ゲストの最近の芸能活動を多角的に見てもらった上で「良かれと思って言ってあげたいこと」を徹底調査。藍里は、世間の声を気にしてエゴサーチしていることを明かし、バカリズムに「一番多い声は?」と尋ねられると「ブス!」と即答。スタジオの誰一人否定しないことに、カズレーザーが「口をつぐむな」と声を上げたところからスタジオは大盛り上がり。

そして「静止画とテレビとの差が激しい」という声が上がると、藍里が「使ってます!」と修正ソフトの使用を認める発言にスタジオは騒然。改名したことへの妹・架純への罪悪感、セクシー女優への転身の可能性なども追求される。

そのほか、稲村亜美、上西小百合、蛭子能収、大倉士門、テリー伊藤もゲスト出演し、世間の声がぶつけられていく。

PICK UP