相楽樹、伊藤淳史と『とと姉ちゃん』以来の共演!男をたぶらかす小悪魔役

女優の相良樹が、読売テレビ・日本テレビ系の木曜ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(毎週木曜23:59~)7月13日放送の第2話に、ゲスト出演することが決定。主演の伊藤淳史と、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』以来の共演を果たすことがわかった。

鈴木おさむが企画した本作の主人公は、アパレル会社「エグザルトン」に勤務する、リストラ候補の折茂圭太(伊藤)。どん底状態だった彼の脳が、ある日突然、なぜか“スマホ”のような「スマホ人間」になってしまった。視界にはメッセージの吹き出しが飛び交い、ガラケーを使うアナログ人間の圭太には何が何だかわからない。「他人のメッセージ(=秘密)を見ることができる」という能力まで備えた彼は、自分に関係ない社内外のトラブルに次々と巻き込まれていく……。しかし、様々な人間模様の中、毎回、人助けのようなことを繰り返して成長する圭太。ちょっとしたヒーローになってしまった男の機微を描く、1話完結の「SFヒューマンドラマ」となっている。

朝ドラ以来の共演となる相楽は「朝ドラ後にも皆を食事に連れて行ってくださって、お会いはしていたので、再会という気持ちはあまりなかったんですが、伊藤さんがいる安心感で、他の現場よりもクランクインからリラックスして入れたと思います」とコメント。一方の伊藤は「ご縁やタイミングで、立て続けに共演する方がいますが、相楽さんは数少ないその内の1人です。こんな短いスパンで、またご一緒できるのは嬉しいです」と語り、「通常の撮影現場では、最初は緊張感を持って、相手の様子をうかがいながらですが、相楽さんとは、以前の作品で、長い間現場が一緒だったので、そういう余計な気遣いはせず、すんなりとお芝居に集中できて、すごくありがたい事だと思います」と、気心の知れた相楽との芝居を楽しんだ様子。また、朝ドラに途中から参加した時は相楽に助けてもらったそうで、伊藤は「今回は相楽さんにゲストで出ていただく形でしたが、できるだけ緊張や不安が少ないように現場に入ってもらえたらと思っていたので、それは良かったです」と喜んでいた。

そんな相楽が演じるのは、別ブランド「エグザルトン・オム」のプレスで、折茂が大阪の店舗に勤務していた頃の部下・相馬美羽。相楽は「私が演じた相馬美羽はかなり小悪魔な部分もあるので、伊藤さん演じる折茂さんを転がしてみたり甘えたり、ついこの間まで夫婦役だった2人でこの設定を真剣に演じているのが不思議な感覚でした。でも、振り切れてやれたのでとっても楽しかったです」と新たな設定に笑顔を見せた。また、「折茂さんから今は独身だと聞いた美羽がわざとらしく“え、チャンス! あ、ごめんなさい。何でもないです”とあざとく言ってるシーンは段取りの時からスタッフさんも笑っていました。現実では絶対言う事のないセリフなので存分に楽しんでやりました」と撮影を振り返った。

そして相楽がクランクアップを迎えると、伊藤は「本当に近いタイミングで共演しているから、また共演する可能性もあるのかなって……。だからお別れ感は全然ありませんでした」と次回の共演を楽しみにしている様子だった。

PICK UP