西島秀俊が猫の爪切り!?癒し効果大のドラマ『ブランケット・キャッツ』スタート

公開: 更新:

西島秀俊を主演に迎え、6月23日にスタートするドラマ10『ブランケット・キャッツ』(NHK総合、毎週金曜22:00)。本作は、重松清の傑作短編小説集をドラマ化したもので、新しい飼い主を見つけるため、ブランケットと共に2泊3日でトライアルされる7匹の猫たち(ブランケット・キャッツ)が登場する心温まるドラマ。猫の飼い主探しをする謎の家具店店長・椎名秀亮(西島)と、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬美智子)、それを取り巻く人々の物語だ。

第1話「身代わりのブランケット・キャット」のシーン写真では、西島が猫たちを世話する場面が公開されており、インターネット上では、早くも「猫好きも西島秀俊好きも見逃すな」「西島さんとネコの組み合わせすばらしすぎる……」「ニシジが7匹のネコにゃんを世話するという夢のようなドラマだ」という声が上がっていた。ハードなアクションや影のある役どころが最近印象的な西島だが、本作では、どんな顔を見せるのかにも注目が集まっている。

<あらすじ>
家具の修理店を営む椎名秀亮(しいな・しゅうすけ/西島)は、幼なじみの獣医師・藤村美咲(吉瀬)とともに、亡き妻(酒井美紀)が飼っていた猫たちの新しい飼い主を探していた。そこに、祖母が大好きだった猫の代わりとなる猫を譲ってほしいと、ヒロミ(蓮佛)が訪ねてくる。秀亮は、ヒロミの家を下見したうえで、毛布と一緒に猫を渡す。猫との再会に喜ぶ祖母に、ほっとするヒロミだったが、今度はヒロミの婚約者に会いたいと言い出して……。

PICK UP