林家ペー&パー子、本人役でドラマ出演「何役だったのかよくわかってない」

林家ペー林家パー子が、伊藤淳史が主演、新川優愛がヒロインを務める読売テレビ・日本テレビ系の木曜ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(7月6日スタート、毎週木曜23:59~)に、本人役で出演することが決定した。

鈴木おさむが企画した本作の主人公は、アパレル会社「エグザルトン」に勤務する、リストラ候補の折茂圭太(伊藤)。どん底状態だった彼の脳が、ある日突然、なぜか“スマホ”のような「スマホ人間」になってしまった。視界にはメッセージの吹き出しが飛び交い、ガラケーを使うアナログ人間の圭太には何が何だかわからない。「他人のメッセージ(=秘密)を見ることができる」という能力まで備えた彼は、自分に関係ない社内外のトラブルに次々と巻き込まれていく……。しかし、様々な人間模様の中、毎回、人助けのようなことを繰り返して成長する圭太。ちょっとしたヒーローになってしまった男の機微を描く、1話完結の「SFヒューマンドラマ」となっている。

今回のドラマに出演について、ぺーは「監督に言われるがままやってました。今でも自分が何役だったのかよくわかっていません」と振り返り、「今まで色々な役を演じましたが、今回が一番難解でした。これが私の“スマホな意見”です」とコメント。

また、自身がスマホ人間になれるなら何をしたいかと聞かれたぺーは「たくさんの有名女優さんとこっそりツーショットを撮りためたいです」と、カメラ好きならではの願望を語った。そして、2人にとってのスマホとは何かを問われると、「今となっては、生活の糧です。特にWikipediaの情報をネタに使わせてもらっています。後は、殆ど電話として使っています」と明かした。

PICK UP