オードリー若林、警戒するインタビュアーは「○○が派手な人」と告白

タレントのYOU、芸人の若林正恭(オードリー)、俳優の青木崇高、芥川賞作家の本谷有希子といった異色の4人がMCを務め、主人公の“7つのルール”に迫っていく新感覚ドキュメント『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜22:00~)。6月13日の放送は、「痛くない」と話題のハイヒールを生んだシューズデザイナー・瀧見サキ(40歳)に密着する。

瀧見が生み出す靴は、エレガントで甘美なデザインでありながら、履き心地がよくて動きやすい。ハイヒール=足が痛いという常識を覆し、「女性たちを幸せにする」と言われている。代表作の「カトリーヌ」をはじめ、彼女が立ち上げたブランド「SAKIAS」の靴は、有名ファッションデザイナーやモデル、伊勢丹のバイヤーからも注目を集めている。

そんな瀧見がハイヒールを作り始めたきっかけは、普通の会社員として働いていたある日、10万円のハイヒールを履いて「こんなに高いのに何で足が痛くなるんだろう……。自分で作れないかな?」と疑問を抱いたことから。彼女は25歳で脱サラすると、靴作りの世界に飛び込み、ゼロから足が痛くないハイヒールの作り方を学び始めたのだ。カメラは彼女のショールーム、アトリエに密着し、本棚やデザインを書き留めたスケッチブックなど、彼女のアイデアの源泉も映し出す。そこには育児をしながら、靴作りにこだわり続ける生活があった。

スタジオでは、YOUと本谷に「ハイヒールを履いている女性は嫌いそう」と言い当てられた若林が、「雑誌のインタビュアーで、靴が派手な人とメガネが派手な人には気をつけている」と明かし、その理由を告白する。そして「女性はどんな時にハイヒールを履くのか?」と興味津々の青木に対して、本谷は「初デートの時には履けない。相手に狙われていると思われそうで……」、YOUは「1日中履いているのは無理」とハイヒールへの思いを語り出す。

そして、「女性のエロスをどこに感じるか」という話題になると、若林と青木が妄想トークを繰り広げ、本谷は「知らない……」、YOUは「放送ギリギリですね……」と呆れ気味に。さらに、「痛いからヒールを履くのは苦手」という本谷が、瀧見の作ったハイヒールをフィッティングしてみる。その履き心地、そして男性陣の反応にも注目だ。

PICK UP