「組市松紋」の野老朝雄が『24時間テレビ』チャリTシャツをデザイン

日本テレビの夏の風物詩『24時間テレビ40 告白』(8月26日~27日)のチャリTシャツのデザイナーが野老朝雄に決定した。

史上初、ジャニーズのグループの枠を超えて、嵐の櫻井翔、KAT-TUNの亀梨和也、NEWSの小山慶一郎の3人がメインパーソナリティーを務める『24時間テレビ40 告白 ~勇気を出して伝えよう~』。ずっと伝えたかった想い、世間を揺るがす大きな秘密、自分を変える小さな決意など、これまで言えなかった密かな気持ちを今、「勇気を出して伝えよう」ということで、様々な困難に立ち向かい、その思いを、勇気をもって伝える人たちにスポットを当てていく。

デザイナーを担当する野老は、1969年東京生まれ。幼少時より建築を学び、江頭慎に師事した後、2001年9月11日より「繋げる事」をテーマに紋様の制作を始め、美術、建築、デザインの境界領域で活動を続けている。また、2016年には、2020年東京オリンピックのエンブレム「組市松紋」を制作し、大きな話題を集めていた。

そんな野老がデザインする今回のチャリTシャツは、6月15日(木)『ZIP!』内で発表され、16日(金)より、日テレ屋、全国のイオングループなどで取り扱いがスタートする。