夫婦のすれ違いの原因は「脳」!最新科学で夫婦の危機に斬り込む

6月11日(日)の『NHKスペシャル』(NHK総合、21:00)は、第2集「妻が夫にキレる本当のワケ」を放送。ニッポンの家族の問題に最新科学で迫る「ニッポンの家族が非常事態!?」の第2集として、急増する離婚の深層にについて考える。

いまや3組に1組、時間にすれば2分に1組のペースで離婚が成立している。その多くが妻からの申し出によるものだ。最大の理由は、「夫が妻の気持ちを理解しない」こと。妻は夫に日々ストレスを感じ、夫はそれに気づいていない。自分で選んだはずの相手なのに、理解し合えないのはなぜなのか。

最新の研究から、妻が夫にキレるのは「男女の脳の違い」による“人類進化の必然”であることが分かってきた。共感力・コミュニケーション力・記憶力といった夫婦関係を左右する能力について、脳科学の観点から男女の違いを明らかにする。さらに、女性の社会参加が進んだことや、育児に積極的に参加する“イクメン”の増加がそれぞれの性ホルモンに影響を与えていることも分かってきた。お互いの違いを理解したうえで、どうすれば夫婦の絆を強められるのか、最新科学で斬り込む。