フジテレビ、ニュースアプリ「ホウドウキョク」をリリース

フジテレビのニュースメディア「ホウドウキョク」が、スマートフォンアプリを無料リリースした。

このアプリでは、今起きているニュースのライブ配信、ニュースのテキスト配信、短時間でニュースがわかるクリップ動画、ニュース現場を見渡すことのできるVR動画などのコンテンツを提供。速報や特別番組はライブ映像で視聴することもできる。

また、地震や津波といった災害情報などのプッシュ通知も実装。その他、政治・経済・社会・国際などの現役記者や専門家による記事解説、プロのテレビカメラマンが撮った動画など、報道機関だからこそ提供できるニュースが毎日配信される。

動画ニュースは1日50本。「15秒で1日の主なニュースがわかる動画」などスキマ時間を意識したコンテンツを制作。気になる話題や最新トレンドなど、面白くてタメになり、話題のタネになるコンテンツも配信される。

それぞれのニュースには親和性の高い記者やコメンテーター、リポーターによる多角的な視点のコメントが付けられ、例えば、「東京オリンピック」というニュースなら、スポーツ記者は「試合結果や選手の動向」、経済記者は「株価への影響」、社会記者は「テロ対策」、政治記者は「インフラの整備計画」というように、同じニュースでも、それぞれの専門分野による異なるアプローチが行われていく。

フジテレビは、「1つのニュースや物事を“どう見るのか”“どのような分析・評価をしていくのか”という“視点のダイバーシティ”を、ホウドウキョクを通じて提供していく」と本アプリについてコメントしている。

PICK UP