町田啓太、ブルゾンちえみとのラブ展開『ひとパー』第6話で副音声に登場

劇団EXILEの町田啓太とインパルスの堤下敦が、5月18日放送のドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ系列、毎週木曜22:00~)で副音声を担当し、撮影秘話を実況することがわかった。

桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみが演じる3人の女子力ゼロの研究員たちが、女子力を上げるために奮闘する姿を描いた本作。第5話からブルゾン演じる聖良が、町田演じる理系男子・丸尾に想いを寄せ始め、第6話では、その恋模様がさらに進展していく。

町田は堤下について「初めてお会いしたんですけど、時間があればずーっとしゃべってくれる方なので楽しいです。インパルスさんではツッコミ役じゃないですか。なので、僕がちょっとボケたりするときコントみたいに全部ツッコんでくれるので、“気持ちいい!”と思いました」とコメント。

一方の堤下は「町田君の寝癖がいとおしくてしょうがないです(笑) 撮影の合間に少し冗談を言ったり、町田君をいじったりしても、とてもさわやかに答えてくださって……。とてもいい人だなと思いました」と語っており、今回の副音声もにぎやかな内容になりそうだ。

第6話は、うっかりメガネを壊してしまった純(桐谷)が、思いを寄せている美容師・榊(成田凌)と偶然出会う。動揺した純は、メガネ店を見つけて一目散に走り出したが、そのまま入り口のガラスに激突。榊に助けられ、近くの病院に連れてこられると、念のため2,3日検査入院することに。しかしそこは、セレブたちが利用することで有名な病院だった。

おしゃれなモデルやイケメン秘書を引き連れた女社長らと同じ病室になってしまった純は、人に見せられるような部屋着もなく、トイレにすら行けないありさま。困り果てた純は、おしゃれな部屋着を買ってきてほしい、と満子(水川)と聖良に依頼。満子たちは、さっそくルームウエアの研究を始める。