内田理央の悪女ぶりがヤバい!男を寝取り「先輩はマグロ」発言

高梨臨が主演を務めるドラマ『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)。5月11日放送の第6話「結ばれた先の切なき悶え」では、内田理央演じる桜井理佳子の悪女ぶりが話題を集めた。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えつつ、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公のスマホゲーム会社に勤めるキャリアウーマン・茅ヶ崎美沙(高梨)をはじめ、NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中圭)、美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・千尋(土村芳)、美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)といった恋に不器用な登場人物たちが、ドタバタな恋愛劇を繰り広げる。

自身が「セックスがヘタ」なことで婚約者の時藤仁(長田成哉)に浮気されてしまった千尋。その相手というのが、後輩の受付嬢・理佳子。彼女は、浮気していることが千尋にバレてしまっても、「先輩ってマグロなんですね」とあっけらかんと言い放つなど、強靭なメンタルを持つ女性だ。一方の千尋は、この一件を経て、命の恩人であり「女はセフレで十分」と豪語する司に「彼を取り戻すためのレッスン」と称して、セックスを教えてもらうことに。その甲斐もあり、無事に仁の想いを取り戻すことに成功したが、司への想いに気づき、仁との別れを決意するのだった。

そんな中、第6話では理佳子が千尋への尋常ではない嫌がらせを行う。ある日、司の家に泊まり朝を迎えた理佳子。司がシャワーを浴びようとすると、「消さないで。せっかく私の匂いつけたのに」と甘えるが、司は「お前は猫か」とあしらいながらシャワーに向かう。するとその直後、理佳子は「泥棒猫かもねー」とつぶやきながら司のスマホを手にし、指紋の跡を凝視してロックを解除するという驚きの行動に出る。通話履歴を開き、直近の連絡相手が千尋であることを確認。さらに、千尋が司にプレゼントした香水を自身の体に吹きかける。その後、会社の受付で千尋と横並びに座る理佳子。異変に気づいた千尋が匂いを嗅ぎ始めると、理佳子は「どうかしました? あー、香水変えたんです。付き合ってる彼が使ってて。モテる男がつける香水ランキングでNo.1みたいですよ」と、何食わぬ顔で告げるのだった。

この一連の行動に、放送終了後にはネット上で「何この嫌味な感じ!」「普通にスマホのロック解除しおった!?」「理佳子はなぜそんなに千尋の邪魔するんかな~」「きたきた泥棒猫!」と話題に。「だーりおの匂いつけられたい」「だーりおがちょっとやらしいドラマに小悪魔キャラで出てるぞみんなみろォ」「悪女のだーりお、堪らん」といった声もあがるなど、注目を集めていた。果たして、理佳子が千尋にここまで執着し、嫌がらせをする理由は何なのか。今後も目が離せない展開が続きそうだ。