小栗旬「怒りを感じてもらえる」主人公が言い放った“あるセリフ”とは?

小栗旬西島秀俊の共演が話題のアクションエンタテイメント作品『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(カンテレ・フジテレビ系列、毎週火曜21:00~)第5話が5月9日に放送。小栗演じる主人公・稲見朗が、暴力団に潜入捜査を行っていく。

このドラマは、『SP』シリーズや『BORDER』などで知られる金城一紀が、5年以上前から構想。元自衛隊員の稲見と元公安の田丸三郎(西島)らが所属する特捜班が様々な葛藤を抱えながら、謎のテロリスト集団“平成維新軍”を始めとした規格外の敵に立ち向かっていく姿が描かれる。

第5話で稲見は、政治家恐喝の証拠を手に入れることを命じられ、疑惑の暴力団に潜入捜査を行う。しかし、初の潜入捜査で、自分を弟分として可愛がってくれる暴力団員・沢田(杉本哲太)と接していくうちに、人を騙すことに徐々に罪悪感を抱いていく。

さらに、この任務の背後には、少女買春にまつわるジャーナリスト殺害事件が起きた第2話で登場した官房長官・神谷(石黒賢)の邪悪な思惑が……。そんな中、組の一員として認められた稲見は沢田らと共に、危険が伴う薬物の取引現場に同行することになる。

潜入捜査以外にも、様々な苦悩が描かれる第5話。事前の告知映像には、稲見の「もし私が権力に逆らったら、殺しますか?」という意味深なセリフが公開されており、任務に翻弄される稲見の怒りも、今回のテーマの一つとなっている。

小栗も「この言葉を稲見にしゃべらせるって、やっぱりすごい作品です。第5話では稲見の怒りを皆さんに感じてもらえるんじゃないかと思います。最後の最後、結末をお楽しみに」とコメント。また、稲見と沢田について「とても面白い関係性になっています」と語っており、任務への使命感と沢田に対する罪悪感に挟まれ苦しむ姿に注目だ。

そのほか、第3話、第4話放送後に行われ好評だった公式Twitter(@crisis_ktv)のスペシャル企画を、第5話でも実施。放送直後から当日22時までの間にハッシュタグ「#ドラマCRISISに質問」で第5話に関する質問を募り、それに対して原案・脚本の金城、監督、プロデューサーらスタッフ陣が回答していく。今回は出演者ゲストとして、松永芳役の野崎萌香が登場を予定している。