釈由美子、オカルティックで妖艶な女将役「一瞬で犯人っぽい」

女優の釈由美子が、5月8日放送のドラマ『貴族探偵』(フジテレビ系列、毎週月曜21:00~)第4話で、老舗温泉旅館の女将役を演じる。

本作は、麻耶雄嵩による本格推理小説「貴族探偵」と続編の「貴族探偵対女探偵」(いずれも集英社文庫刊)を原作に、相葉雅紀演じる本名も出生も不明な“貴族”が、主人公でありながら推理をせずに謎を解いていくという、推理小説の既成概念を打ち砕く物語が繰り広げられている。

第4話は、とあるアイドルが恋人との不仲を苦に自殺してしまうという事件からスタート。新米探偵・高徳愛香(武井咲)の元に、報復をするためアイドルの恋人の居住地を探して欲しいファンがやってくるが、そのような依頼は受けられないと愛香は断る。そんな中、愛香のクライアントで、日本有数の財閥令嬢である玉村依子(木南晴夏)がやってきて、有名な老舗温泉旅館「浜梨館」に一緒に行こうと誘う。

釈が演じるのは、その老舗温泉旅館の女将・浜梨久仁子。そこで愛香は、久仁子から“いづな様”と呼ばれる狐の神様の話を愛香は聞かされ、浜梨館では、月に一度、浜梨家の者が儀式を開いていることを知る。“いづな様に祈祷すれば、どんな願い事も叶う”と言われており、その儀式が行われる当日、愛香と依子は久仁子の案内で儀式が開かれる間に着くと、貴族探偵が、とある大手商社の重役の娘をつれてフラリと姿を現す。そして、儀式は滞りなく終了。しかし翌日、儀式に参加していた男性が、何者かに頭部を殴打され殺害されてしまう。一堂が驚愕する中、参加者からは“いづな様”の祟りだ、という声が上がる……。

釈は演じる久仁子について「かなり謎めいた女将」と語り、演じる際には緩んだ表情や笑顔を見せないようにしし、周囲の個性的なキャラクターに引きずられないようにしたという。また、ドラマ初共演となった相葉の印象について「貴族のオーラを感じました」とコメント。「監督から、私が出ると“一瞬で犯人っぽい匂いがする”と言われたのですが、女将が怪しいのでは? という目線で見ながらも、第4話は、これまでで一番おどろおどろしい『貴族探偵』になると思いますので、そこを楽しんでいただければ」とアピールしている。

フジテレビの羽鳥健一プロデューサーは、第4話の監督から「女将の役はぜひ、釈さんに演じて欲しい」と強い要望を受けたと言い「女将の役がオカルティックな要素だけでなく、妖艶さも併せ持ったキャラクターとなり、貴族も放っておかないかもしれない、とイメージが膨らみ、脚本を直すまでに至った」と明かしている。