「This Manの奇妙なまとめサイト」最後まで見ると明らかになる“世にも奇妙”な秘密

フジテレビ系列で4月29日(土)21時から放送される『世にも奇妙な物語 ’17 春の特別編』の一編で、中条あやみ主演の『夢男』に登場するなど、世界中で話題となっている都市伝説的な存在“This Man(この男)”の足取りを追った「奇妙なまとめサイト」が展開されている。

「This Man」とは、2006年のニューヨークのとある精神科病院での出来事が発端として生まれた都市伝説の一つ。1人の女性患者が「今まで一度も会ったことのない男が、なぜかよく夢に現れる」と言い似顔絵モンタージュを描くと、その後、似たような症状の患者が現れる。興味を持った医師は同僚にモンタージュを送ったところ、ほかに4人の患者がそっくりなモンタージュを描いたという。医師たちはこの男が実在するのか否か、その正体を探るべくウェブサイトを開設。以来、現在までに世界各地から2,000人の目撃証言が寄せられているという。

公開されているサイトでは、都市伝説This Manが渋谷を中心に目撃されているというSNSの目撃情報や、彼のものと思われるInstagramのスクリーンショット、さらには【閲覧注意】な動画などがまとめられている。そして、サイトを最後まで見ると、思いもよらない展開が待ち受けている。謎の男This Manとは何なのか? この奇妙な体験に参加するか、さらに深く情報を探すのか。とにかく最後までご覧頂いただきたい。

『夢男』では毎晩、悪夢にうなされながらもその夢を思い出せないでいた女子大生のミドリ(中条)が、授業中に夢にはメッセージが隠されていると教わるところから始まる。怖いもの見たさもあって、夢の中に出てくる男の顔を、イラストソフトを使ってモンタージュで再現するミドリ。軽い気持ちでTwitterに画像をアップし「この男が夢に出てきます。助けてください」と投稿。すると翌朝、その投稿が大反響、周りの友人も次々にこの男を夢で見たと言い始める。

中条はこの作品の持つテーマについて「恐怖による集団パニック」だと語り、SNSで上を得るのが便利になった今の時代において「実際に“夢男”がいるかもしれないという話を私も聞いていて、ないようであり得る話だなぁ、と思いました」と語っている。