桐谷美玲「女子力30%」みんなが写メする“寝顔”とは?

フジテレビ系列で4月13日(木)22時からスタートする新ドラマ『人は見た目が100パーセント』に出演する桐谷美玲水川あさみブルゾンちえみが10日、池袋サンシャインシティ噴水広場で行われたイベントに出席した。

本作は、大久保ヒロミが手がける同名コミックが原作。仕事の研究に没頭するあまり、オシャレ偏差値が最底辺の“女子モドキ”になってしまった理系女子“リケジョ”の城之内純(桐谷美玲)、前田満子(水川あさみ)、佐藤聖良(ブルゾンちえみ)が、流行のメイク、ファッション、美容など「美の特別研究」をしていく物語。

今回、女子モドキという役どころに挑む3人。まずこだわったのはビジュアルだと言い、桐谷は「黒髪にして、メイクも普段より薄めで、地味目な服を着ています。(今日の衣装は)ちょっとオシャレなくらい」と紹介。水川は「自分の中の全盛期がギャルの時代で止まっている」と語り、役作りのために眉毛を細くして、ファンデーションを黒く塗っていると明かし、「眉毛の細さはちょっとビックリする」と笑顔を見せた。そして、ドラマデビューを果たすブルゾンちえみは「普段はメイクで鎧を着けていますので、ちょっと裸をさらしている気持ち」と語った。

また、ドラマタイトルにちなんで「好きな見た目のタイプは?」という質問が飛ぶと、桐谷は「たれ目」が好きだと明かし、「クシャって笑ったときになくなる目がいいです」とコメント。さらに「自身の女子力は何パーセント?」という質問に対して桐谷は「30パーセント」と答え、「結構ずぼらで何でも良いやってなっちゃうタイプなんです。家にいる姿はちょっとお見せできない」と答え、さらに「寝顔が可愛い女子って良いなと思うのですが、最悪なんですよ。みんなに写メを撮られるくらい目が勝手に開いてるんです(笑)」と告白。すると水川も「まるで起きているみたい」と語り、ブルゾンも「私のフォルダに寝顔が溜まっています」と暴露していた。

そのほか、会場にはスペシャルゲストとしてドラマの主題歌『女子モドキ』を歌うJYが登場。観客の前で初披露し「可愛くなりたい、女性らしくなりたい。この曲を聴いて女に生まれて良かったと思わせる曲になっています」とアピール。桐谷も「すごい可愛い曲で、覚えやすそうだし、ふりつけをみんなでやったら楽しい。私たちもこの曲のように可愛くなれるように頑張りたい」と意気込んでいた。