遠藤憲一『世にも奇妙な物語』初主演!“妻の記憶”と暮らす切ない夫役

遠藤憲一が、フジテレビ系列で4月29日(土)21時から放送される『世にも奇妙な物語 '17春の特別編』で、番組初主演することが決定。WEB漫画サイトXOYで連載されているオムニバスミステリースリラー作品「奇々怪々」のエピソードが原作の「妻の記憶」に出演する。

遠藤が演じるのは、接待や飲みに明け暮れ、毎晩遅くに帰宅する仕事一筋のサラリーマン・成田陽一郎。亡くなった妻・春子(原田美枝子)が葬儀の翌朝、朝食をならべている……。ごくまれに認知症患者自身の“忘れたくない”という強烈な意思によって、その記憶が残像となって時空間に定着するケースがあるという。こうして陽一郎と“妻の記憶”の奇妙な暮らしが再スタートする。

遠藤は本作について「20分程のストーリーの中におっかないとかびっくりとかだけではなく、おかしみとちょっと切なさみたいなものが入っています。その部分をしっかり出せるかどうかというところにすごく興味を持ったのと不安が一緒にあり、とてもやりがいがあるなと思いました」とコメント。演じた陽一郎については「仕事に没頭して奥さんを顧みなかったのも悪気があったのではなく、なんとなく通り過ぎてしまって、奥さんが認知症になった時ももっとやれたことがあるのだろうけど、仕事にかこつけてやりきれてなくて……。そこをなんとかしようとする面白みと悲しさを出し切ってみたいと思っています」と意気込んでいる。

また、亡くなった妻が現れるという設定については「初めはびっくりしてしまって、危険は無いのか、化けて出ているんじゃないのかと心配するけれども、だんだんそばに居る幸せというか、居て当たり前みたいになっていくところの面白さがあります」と紹介。撮影については「CGを使うなど、細かい作業があるので難しい」と明かしつつ、原田との共演については「大好きな女優さんで、過去にも夫婦役をやったことがあるので(関係性は)ばっちりなのですが、今回は勝手にこっち側が喋るだけで意思疎通ができない設定なので、そのバランスが面白いと思います」と語っている。

そのほか、今回の『世にも奇妙な物語』には、菅田将暉が主演する「カメレオン俳優」が発表されている。

PICK UP