玉山鉄二「思いの強さ故」現場は殺伐も手応え、渡部篤郎も「隙のない芝居」と絶賛

俳優の玉山鉄二谷原章介渡部篤郎が31日、東海テレビとWOWOWの共同制作ドラマ『犯罪症候群』の制作発表会見に出席。ドラマへの思いや共同制作の意味について語った。

本作は、貫井徳郎の大人気3部作「失踪症候群」、「誘拐症候群」、「殺人症候群」が原作。警視庁内で表立って行動することのできない特殊任務を担当することになる元刑事・武藤隆(玉山)と、その男の親友である現役刑事・鏑木護(谷原)、そして、特殊任務を指揮する謎の男・環敬吾(渡部)の3人を軸に物語は展開。武藤の妹と鏑木は交際しており、ある日、事件に巻き込まれ妹が殺されてしまう。それをきっかけに武藤は警察を辞め、2人は違う道を歩むことになる。

玉山は、家族や警察、復讐など、様々なものを背負いながら演じる今回の役どころについて「すごくしんどい」と素直な思いを告白。役への迷いや葛藤もあり、現場を楽しみきれていない自分に困惑している部分もあり、主演が笑顔を見せることなく、現場が殺伐としていることについて共演者やスタッフに申し訳なく思っているという。しかし「素晴らしい重厚なドラマになると思う」と手応えを感じていることも明かし、「すべてはこの作品に掛ける思いの強さ故です」と熱い思いを語った。

一方、谷原は今回の共同制作について「地上波でやれることと、お金を払って見てもらうものの表現は違ってきます。それは(作品の)善し悪しではありません。武藤と鏑木が1人の女性を失うことで感じたそれぞれの正義とは何か。どうすれば悪に対して納得することができるのか。表と裏。表が地上波で、裏の影の部分がWOWOWで放送されると思っています。2つを見て、1つの世界になると思います」とアピールした。

そして渡部は「玉山さんと谷原さんは隙のないお芝居をされている」と絶賛し、「偉大な原作があり、それをプロデューサーたちが作品化したいという熱意があった。僕は安心してそれに付いていき、自分ができることを精一杯やろうと思います。手応えもあります」と自信を見せた。

ドラマは、Season1が東海テレビ・フジテレビ系列で4月6日(土)23時40分から、Season2がWOWOWで6月11日(日)22時からスタートする。