向井理、バーテンダー&誘拐犯に初挑戦

“短編”がゆえに映像化が成しえなかった傑作ミステリーを“実力派俳優×映画監督”によってドラマ化。オムニバスドラマ集『ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~』が、フジテレビ系列で4月22日(土)21時から放送されることが決定した。向井理が、その一遍「情けは人の…」(今邑彩著)で主演することがわかった。

向井が演じるのは、バーテンダーのアルバイトをしながら生活している北川健史。ある夜、そのバーに1人でやって来た中年男・赤堀(小澤征悦)。男は、ほんの少し前まで「ツカハラ産業」で働いていたと言い、「知ってんのか?」と聞いてくる。その会社の社長・塚原幹雄は、不倫相手の喜代(市毛良枝)とその間に生まれた健史を捨てた男。知らないはずがない。塚原に復讐してやると息巻く赤堀は、健史が金に困っていると知り「ちょっと力を貸してくんない?」と話を持ちかける。目的は、塚原の10歳の1人息子、昌彦(大西利空)を誘拐するというもの。健史は、母と自分を見捨てた父に復讐する気持ちもあり、その誘いに乗る。

赤堀と健史は後日、昌彦を誘拐し別荘に隠し、健史は見張りをすることに。しかし昌彦は意外な言葉を口にするのだった。「パパはぼくのためにはお金は払わないと思います。ぼくは、パパの本当の子じゃないんです」。赤堀に問う健史。昌彦の母には、塚原と結婚する前に別の男がいて昌彦は嫁の連れ子。そのことをもちろん幹雄も知っていると言うのだ。

塚原は世間体を気にして昌彦をかわいがっていたが、嫁が死んだとたん、わかりやすく邪魔者扱いに……。「だったらなおさら、塚原は金を払わないんじゃ」と懸念する健史に、「払う!」と言い切る赤堀。「塚原が払う金は、子どもを生かすための金じゃない」と言い放つ赤堀に対し、驚いて声も出ない健史。赤堀は続ける。「黒幕は俺じゃないよ」。この壮大な計画を後ろから糸を引く黒幕は、健史が想像だにしない人物だった……。

向井は驚愕の展開について「終わり方がスッキリしていたので良かった」と語り「始まりは不穏なストーリーですが、最後まで見ていただけたら、少し優しい気持ちになれる作品」と紹介している。

そのほか、大泉洋主演の「妻の女友達」(小池真理子著)、土屋太鳳主演の「恋煩い」(北山猛邦著)がドラマ化され、いずれの作品も犬童一心が監督を務める。全作品に共通して、“どんでん返しのエンディング”が待ち受けるという。