トレエン斎藤、“顔面凶器”小沢仁志に「おっぱい」と言わせる暴挙に

今田耕司陣内智則がMCを務める質問バラエティ『今田と陣内のドラゴンクエスチョン』(読売テレビ・日本テレビ系)が、3月30日(木)23時59分から放送される。

同番組は、パネラーたちが、指定された答えをターゲットに言わせるような質問を考えて、いかに引き出せるかを競う質問バラエティ。これまで関西ローカルで2回放送され、全国ネットに昇格した今回は、内容もゲストも豪華にパワーアップ。ケンドーコバヤシ、斎藤司(トレンディエンジェル)、北山宏光(Kis-My-Ft2)、藤田ニコルがパネラーとして登場する。

第1ステージのターゲットは「芸能界で売れたい!」と強く願っている美女6人。モデルやレースクイーンなどをしている彼女たちは、芸能人やスポーツ選手と飲んだことがあるなど、交友関係が広い人ばかり。モニターに、別室のターゲット・美女6人が映ると今田は「きれいやん」とテンションを上げる。皆が大興奮していると、ニコルは「男性陣、食いつきすぎ」と呆れ顔に。そんな彼女たちに言わせたい言葉は「ミュージシャン」。パネラーは美女6人の中から1人を指名し、2人きりでトークしながら「ミュージシャン」と答えてくれるような質問をぶつけていく。

第2ステージは、パネラーがターゲットの芸能人がいる楽屋を訪ね、世間話をしながら3分以内に指定のワードを答えさせる質問をする「楽屋に突撃クエスチョン」。斎藤のターゲットは、“顔面凶器”の異名を持つ強面俳優の小沢仁志。言わせるワードは「おっぱい」で、斎藤は「最悪だよ~。会ったことないんですよ。初対面。ホントやだ~」と怯えるが、藤田は「でも、おっぱいは好きそうじゃない?」と言いたい放題。ケンドーコバヤシが「ちゃんと“斎藤さんだぞ!”やれよ。自分を貫けよ」と持ちギャグをやるように釘を刺し、陣内は「怒られても俺らは助けに行かへんから」と突き放す。そして、ビビりまくりの斎藤は重たい空気が漂う小沢の楽屋に突撃。あいさつ後、斎藤が「小沢さん、やってますか? 僕、女性が好きで……」と展開しようとするが、小沢は「何で俺がお前にいちいち報告しないといけないんだよ」とキレ気味に。この後も斎藤は果敢に女性の話題を聞き出そうとするが、ついにブチ切れた小沢が斎藤に襲いかかる緊急事態が発生する!?

そして、第3ステージのターゲットはデヴィ夫人。このステージでは言葉ではなく、デヴィ夫人に「アクション」を起こさせるのがミッション。豪華な洋館を舞台に「祝喜寿!激動の人生を送るデヴィ夫人に聞きたい100のこと」というニセ企画を展開し、全員でトークを繰り広げる中で、指定された行動をさせるという流れになっている。このステージには今田も参加するが、抽選の結果、今田が「ビックリさせろ」、北山が「ウインクさせろ」、藤田が「ハグさせろ」、斎藤が「ブチギレさせろ」、ケンコバが「ツッコませろ」がお題に。今田は突然、大声を出して驚かせる作戦を決行するが、デヴィ夫人は「どうしたの、あなた」と冷静に対応。ケンコバはボケを連発してデヴィ夫人のツッコミを待つが、今田と陣内が反射的にツッコミを入れてしまう。斎藤は「給料いくら?」と横柄に聞いたり、「つまんねぇな」とつぶやいたりしてデヴィ夫人を挑発。さらに、床に寝転がりながらデヴィ夫人と会話をする。デヴィ夫人の表情はどんどん引きつり、不穏な空気が現場に漂うが……。果たして、今田たちは見事にミッションを達成することができたのか。