美肌効果に風邪予防「甘酒の魅力」をイケメン騎手が熱弁

読売テレビで、4月7日(金)20時54分から、競馬騎手に密着した番組『キシュメシ!』(関西ローカル)が放送される。

同番組では、数あるプロスポーツ選手の中でも特に徹底した体重管理が求められる、競馬の騎手に密着。体力勝負のアスリートで、決して無理なダイエットはしていないはずなのに、彼らの体型は、ガリガリどころか、女子が大好きな「細マッチョ系」。一体、騎手はどんな食生活をしているのか? 騎手+飯=『キシュメシ!』と題し、毎週イケメン騎手が普段食べている「キシュメシ」を紹介。現役モデルのナビゲーターたちが、その裏側を掘り下げていく。2016年11月に4回放送され、川田将雅騎手、浜中俊騎手、池添謙一騎手、ミルコ・デムーロ騎手が登場し、美容と健康に役立つ“食へのこだわり”をたっぷり届けてきた。

続編の初回に出演するのは、2014年から3年連続でJRA最多勝をマークしている、超一流ジョッキーの戸崎圭太騎手。確かな腕とさわやかなルックスで今、大注目を集めている。体重管理が厳しいながらも、しっかり3食とっているという戸崎騎手が、「レースで騎乗する時よりも緊張する」と紹介してくれた「キシュメシ」は、最近、話題となっている「甘酒」。昨年5月からはじめた食事療法の一環として、酒粕ではなく米と米麹だけで作られている甘酒を毎日200ml飲んでいるという。この甘酒には砂糖が入っていないが、とても甘く、甘酒を飲み始めてからはお菓子を食べなくなったとのこと。さらに、甘酒を飲むようになってからは体調がよくなり、風邪をひかなくなっただけでなく、肌がツルツルになったという思わぬ美容効果が出ているそう。この話を聞いたナビゲーターの尾崎紗代子も「私も飲もうかな」と思わず反応を見せる。

また、戸崎騎手が実践しているグルテンフリーについても話が及び、アレルギー対策として小麦を断っているそう。パンや麺類(パスタ、うどん、ラーメンなど)をはじめ、餃子、カレー、ビールなどを口にすることができないため、ほとんど家で食事しており、奥さんの協力が欠かせないとのこと。家では、米を主食に、肉、魚、野菜を中心に食べ、調味料にも気をつけており、毎日、家庭で食べている特製サラダについても紹介する。グルテンフリーを始めてからは体の疲れ方が変わり、だるくなったり、眠くなることがなくなり、頭がスッキリするようになったとのことで、一般の視聴者にも参考になる話が満載だ。

収録後には、「甘酒パワーで今年もリーディングを取りたい。また、GⅠレース(大レース)に対する思いが強く、今年こそは、の思いがあります」と意気込み、「競馬は、着順など数字ではっきりと結果が出てしまう。しかし、それだけじゃないところも感じてほしいです。騎手と馬との一体感、コミュニケーションなど奥深いところでレースをしているので、数字だけでなく、そういったところも是非、見てほしいです」と語った。一方、尾崎は「戸崎騎手は、女子の憧れですね。少し食べると満足できるし、なんと言ってもお肌がキレイ。私もマネしてみたいです」とコメントを寄せた。

このほか、今回の放送で収まりきらなかった戸崎騎手の「食」へのこだわりについては、スピンオフ動画としてWEB上で公開される予定。