花スイーツ特集、和菓子ユニットwagashi asobiの斬新なお菓子も紹介

3月6日の『グレーテルのかまど second season』(Eテレ、毎週月曜22:00)は、「春待ち 花スイーツ」と題して、古今東西、春を待ち望む気持ちを表現した色とりどりのスイーツを紹介。同番組は、瀬戸康史がナビゲーターの15代ヘンゼルとして、スイーツにまつわる不思議な物語を届けていく。

例えばフランスで、恋の花として愛されるすみれ。砂糖づけやリキュールにして、その淡い色と香りをスイーツにあしらう。ほかにも、学問の神様・菅原道真に希望を与えた梅ヶ枝餅、歌人・正岡子規の淡い恋の思い出の桜餅など、選りすぐりの花スイーツと、伝統的な素材を使いつつ、新鮮な発想で和菓子の新しい表現に挑戦している“新進の和菓子ユニットwagashi asobi”が表現する春の花の世界も紹介する。

PICK UP