“京極の最期”を予感『ラストコップ』ビジュアル&メイキングが初公開!豪華キャストも明らかに

唐沢寿明窪田正孝がバディを組み、話題を集めた日本テレビ系の連続ドラマ『THE LAST COP/ラストコップ』を映画化した『ラストコップ THE MOVIE』(5月3日公開)のポスタービジュアルとメイキング映像が初公開。合わせて、豪華映画キャストが発表された。

同作は、2015年6月にSPドラマとして地上波で放送され、その後、動画配信サービス「Hulu」にて6週連続で配信された。また、2016年10月クールには連続ドラマ化され、最終話では一部生放送が行われるなどした話題作。30年前に、捜査中の爆発事故で昏睡状態になったものの、ある日、奇跡的に目覚めた熱血刑事・京極浩介。タイムスリップ状態の彼は、スマホもシャワートイレもコンプライアンスもない時代からやってきた熱血刑事。まるで浦島太郎な京極とバディを組むのは、“ザ・草食系男子”の望月亮太(窪田)。昭和と平成、時を超えてバディとなった2人は絶妙なボケ&ツッコミを繰り返しながらも、数々の事件を解決していく。

解禁されたポスタービジュアルには、『ラストコップ』ならではの重力無視のアクションシーンそのままに、爆発して炎上するセスナを背に、銃を構えながら今にも外に飛び出してきそうなほどの勢いで迫ってくる京極と亮太の姿が。さらに、お馴染みのキャラクターたちはもちろん、人工知能を搭載したロボット「ブレイン・ナッシー」こと、ブナッシーの開発者・西園寺春孝役の加藤雅也、野心に燃える助手の藤崎誠吾役の吉沢亮、京極の運命を知る主治医・町田役の升毅、ブナッシーの協力者として本人役で出演するふなっしーといった豪華映画キャストの面々もお披露目された。また、賑やかなビジュアルに入った「じゃあな! 最後も笑ってお別れだ!」という、“不死身の京極”には似つかわしくないコピーが、“京極の最期”を予感させるポスターとなっている。