堤真一と永野芽郁が意気投合!ヒーローの悩みを共有

堤真一が主演を務める連続ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(日本テレビ系、毎週土曜21:00~)3月4日放送の第8話は、左江内の両親役で平泉成立石涼子、スーパーヒーローのOL役で永野芽郁がゲスト出演する。

原作は、藤子・F・不二雄による大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。福田雄一監督が手がけるドラマでは、平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内が、謎の老人(笹野高史)からスーパースーツをむりやり譲り受けたことによって、しぶしぶ世界の平和を守ることに。鬼嫁・円子(小泉今日子)と、娘・はね子(島崎遥香)、息子・もや夫(横山歩)に翻弄されながらも、世界平和のために奔走する左江内の姿は必見だ。

第8話は、左江内の父・茂雄(平泉)が80歳の誕生日を迎え、左江内の実家でお祝いをすることに。左江内が円子に、「一緒に帰省してほしい」と頼むと、円子は「やだ!」と拒絶。なんとかお願いをして、家族を連れて栃木の実家へ向かう。

左江内の両親、茂雄と春子(立石)に良妻賢母だと思われたい円子は、はね子と、もや夫と結託して良い母ぶりをアピールする。その甲斐あって、見事な妻を演じてみせる円子にただただ圧倒される左江内。

そんな中、左江内の耳にSOSが聞こえてきて、声の発信地へ向かうと、とあるビルから金が盗まれるという事件が起こっていた。犯人を追跡する左江内より一足先にその車を止めて犯人を捕まえる人物が現れる。その人物は、左江内と同じくスーパースーツを着て人々の危機を救っているOL・桃子(永野)だった。「スーパーヒーローは日本で私1人なのかと思ってた」「僕もですよ」と意気投合する2人。仕事を抜け出して人助けに行かなければならなかったりと、同じ立場だからこそ分かる苦労やグチを語り「これからも頑張りましょう!」と励まし合って別れる2人だったが……。

PICK UP