小沢健二、ロックな人生を送った“ある場所”で自身を語る

フジテレビで毎週金曜に放送している音楽番組『Love music』が、4月16日から毎週日曜に移動し、24時30分からの55分番組となることが決定。4月23日の放送に小沢健二がゲスト出演することがわかった。

小沢は、昨年9月に放送された『Love music 特別編 宇多田ヒカル ~ライナーノーツ~』に続く「ライナーノーツ」の構成で出演。小沢の本質に迫るべく、小沢をこよなく愛する著名人や女優、アーティストたちがビデオレター形式で登場し、楽曲や人柄について語り、直球の質問を投げ、小沢本人もインタビュー映像を見ながら答えていく。

小沢が「ライナーノーツ」の収録のためにやってきた場所は、ヒット作を連発していた90年代にロックな人生を送っていたという“とある場所”。詳しい内容は追って発表される予定だ。

番組ではさらに名曲「ドアをノックするのは誰だ?」を東京スカパラダイスオーケストラのGAMOと岡崎京子の漫画に囲まれたセットで披露するほか、19年ぶりにリリースされたシングル「流動体について」を流れる東京の街や宇宙をイメージしたセットで披露する。

なお、4月16日の初回放送は、長渕剛が初出演し、自身が作曲した高校校歌を初披露する。