芳根京子『べっぴんさん』誕生日にクランクアップで大粒の涙

現在放送中の連続テレビ小説『べっぴんさん』(NHK総合、毎週月~土8:00~)の撮影が、2月28日にすべて終了。同日、NHK大阪放送局にてクランクアップ取材会が行われ、主演の芳根京子をはじめ、高良健吾蓮佛美沙子谷村美月百田夏菜子土村芳菅野美穂永山絢斗が出席した。

誕生日にクランクアップを迎えた芳根は、「あなたがヒロインです、と言われた日もすごく驚いて、またこうして終わった今日もすごく驚いて、幸せだなぁとすごく感じています。未熟な私を支えてくださったキャストのみなさま、スタッフさん、本当に感謝してもしきれません。そして、私事ですが、本日、20歳の誕生日を迎えることができました。10代最後の1年間を、そして20代最初の1日目を、この『べっぴんさん』で迎えられたこと、本当にうれしく幸せに思います」と喜びを語った。

続けて、「この1年は、芳根京子よりも坂東すみれと呼ばれる時間が多くて、1年で10代から50代までやって、子どもも大きくなっちゃって、本当にぶっとんだ1年だったと思うんですけども、それを乗り越えられたのも、永山さん、谷村さん、百田さん、土村さん、蓮佛さん、高良さん、そして菅野さん、キアリスのみなさん、本当に本当にみんなのおかげだと思っています。でも、明日から前を向いて、またみなさんとお仕事できるように精一杯がんばっていきたいと思います。本日は、ありがとうございました」と感謝を述べた。

高良は、「芳根ちゃんが現場に立っている姿は、とてもかっこよかったし、すごく立派だった。自分のことより、すみれちゃんのこととか芳根ちゃんのことを大切に思えたり、(芳根ちゃんが)うれしそうだったら、自分のこと以上にうれしいと思える主演の子でした。そういう風に思える子が主演ですごくよかったし、それに今日がクランクアップで誕生日だなんて、それだけでなんかあるから、さすがっすね(笑) 本当にお疲れ様。めちゃくちゃかっこよかったです」とねぎらいの言葉をかけた。

そして永山は、「芳根さん、本当にお疲れ様でした。こんなにかわいいかわいい奥さんをもらえるとは思わなかったんで、紀夫君はハッピーでございます。やっぱり、子育てもそうだけど、芳根ちゃんの、何かがあってもふんばって前を向く姿勢にすごく勇気をもらえましたし、けっこう自分の中で苦しかったりするときに、横を見ると芳根ちゃんがすごい頑張っている姿見て、本当に励みになりました。夫として、長く見てきましたけど、本当にすばらしい年の重ね方をしていて、最終的にはかわいいおじいちゃんとおばあちゃんになれて、本当に幸せでした。お誕生日おめでとうございます。お疲れ様でした」と笑顔を見せた。

3月中旬からは、いよいよ最終章。オイルショックの不況期を迎え、難しいかじ取りを迫られながらも、子ども服メーカー「キアリス」の未来を見据え、大切なことに気づいていくヒロイン・すみれたちと若手社員の成長を中心に描かれる。