クリープハイプの“ポップと狂気が交錯するキラーチューン”に菅田将暉「ちょっと泣きそう」

菅田将暉主演で4月29日(土)公開の映画『帝一の國』の主題歌が、ロックバンド・クリープハイプの書き下ろし楽曲『イト』に決定。クリープハイプの尾崎世界観永井聡監督、そして主演の菅田がコメントを発表した。

『帝一の國』は、菅田が“生徒会長選挙に命をかける男”主人公・赤場帝一を演じ、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大ら人気のイケメン俳優が集結する学園政権闘争コメディ。

昨年、藤原竜也主演のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ)の主題歌『鬼』がスマッシュヒット、ボーカル&ギターの尾崎世界観が作家デビューした小説『祐介』(文藝春秋刊)も大ヒットと、音楽はもちろん多彩な才能でも話題のクリープハイプに対し、永井監督をはじめとする映画スタッフ陣から「映画のテーマ、世界観にはまるバンドはこのバンドしかいない!」と熱いオファーがあり、今回のコラボレーションが実現した。

尾崎世界観は今回の楽曲制作について「“ミュージシャンはどうせ言っても聞かないでしょ”と笑ってくれた永井監督に、初対面の打ち合わせで心を掴まれました。音楽を信頼して、音楽に任せてくれる姿勢に感動して、それに応えたいと思い、本編終了後のエンドロールにしっかり自分達の居場所があるという喜びを感じて作りました」とコメント。「原作、脚本、制作チーム、役者の方々、どれを取っても得体の知れない勢いを感じます。そこに引っ張られて、“この曲で届かないなら仕方がない”と思える程の曲が出来ました」と自信を見せている。

一方、永井監督は、尾崎世界観と初めて会った際に細かく脚本を読み、様々な質問をしてきたことに驚いたと言い「撮影前の映画の世界を一生懸命頭に描こうとしていた。個人的な意見だが、クリープの曲は良い意味でヴィジュアルが浮かばない。サウンドと歌詞が脳に直接刺さってくる、まるで映画『独裁者』の演説を聴いているようだ」と絶賛。「彼が映画のヴィジュアルをものすごく気にして映画と真摯にコラボしようと歩み寄ってくれたのは本当に意外で嬉しかった」と語り、「現実、映画と主題歌がバラバラの作品もよくあるので。『イト』はまさに僕らが求めていた映画の読後感を表現しており、ラストシークエンスに相応しい作品だと思う。クリープには珍しい程のポップさを持ちながら、狂気も感じる。これって、古屋兎丸先生の作品そのものじゃないかなと感動しました」と手応えを明かした。

そして、主演の菅田は「僕らが溢れる生命力を使って演じた『帝一の國』は間違ってなかった。勢いのあるメロディと包み込んでくれる歌詞と尾崎世界観さんの温かくも鋭い声に背中を押された気がしました。まさに帝一達は、いつの日か運命と呼べるその日まで壊していたな、と。ちょっと泣きそうになりました」と感想を語っている。

主題歌『イト』は、ライバルを蹴落として勝ち残ろうともがく若きキャスト達の人生模様を、操り人形に例えての“糸”と生き抜く戦略の“意図”とを掛け、クリープハイプの真骨頂といえる現代社会を生きる人々へのメッセージを尾崎世界観の作家経験で更に磨かれた巧みな表現力で紡いだ作品。アレンジにもホーンセクションを導入し、更に転調を効果的に織り混ぜるなど、バンド史上最もキャッチーなサウンドを追求した“ポップと狂気が交錯するキラーチューン”に仕上がっている。

PICK UP