ゆりやん「これや!」運命の出会いから生まれたネタで勝負

カンテレ・フジテレビ系列で2月28日(火)19時から生放送されるひとり芸No.1決定戦『R-1ぐらんぷり2017』の決勝戦に進出したゆりやんレトリィバァにインタビュー。決勝までの道のりや、決勝への思いなどを語っていただいた。

<決勝トーナメント>
A組(レイザーラモンRG、横澤夏子、三浦マイルド、復活ステージ3位)
B組(ゆりやんレトリィバァ、石出奈々子、ルシファー吉岡、復活ステージ2位)
C組(ブルゾンちえみ、マツモトクラブ、アキラ100%、復活ステージ1位)

<インタビュー>

――3年連続となる決勝の舞台です!

ややこしい言葉になるかもしれないですが、嬉しいです! 1回目は決勝に出られただけで嬉しかったのですが、2回目は、また決勝に行かないと去年がたまたまだと思われるのが嫌で、3回目は優勝したいって。どんどん人間の欲が出てきました(笑)

――準決勝の手応えはいかがでしたか?

ほかの方のネタを一切見ていなくて、楽屋にいる時は音も消して情報が入らないようにしていました。自分のネタがどれくらい人と比べてウケているのかわからなかったですし、やっている時は、もしかしたらこのウケではアカンかもとかなり心配でした。

――こういう大会では、いつもほかの情報を入れないのですか?

基本的には見ないようにしています。見ないと自分がどうだったかわからなくて不安にはなりますけど、それは想像じゃないですか。実際に見ると、あの人よりウケてないってわかってしまうので、それを知らないでいるようにしています。

――決勝のBブロックについてはいかがですか?

1年目はAブロックの1番を選んだので、1番だから不利というのは自分の中ではないです。審査をしていただく時に最初のネタの子が面白かったなって思ってもらえたら。みなさん全然違うタイプですが、できたら無条件で勝たせていただけたらなって(笑)

――今大会に向けたネタ作りで大変だったことは?

今回のネタは、作ったというよりは出会えたという感じなんです。去年はずっとR-1に向けて色々と考えていたのですが、なかなか自分がやりたいことが見えなくて、その時に理屈とかは抜きにして、1回限りでも良いやと思ってやったネタが、ここまでやってきたネタなのですが、運命の出会いみたいな感じに「これや!」って感じました。

――そのネタについて何かヒントをお願いします。

言えることは2本目もちゃんとあるってことです(笑)。違うタイプのネタなので、勝ち上がった時にお楽しみいただけたら嬉しいです。

――優勝したら冠番組がありますが?

大阪でみなさんに「東京いかへんの?」と言われるんですが、大阪から世界に行って、世界から東京に行って、そこから更にお世話になった大阪にお返しできるような番組になれば嬉しいです。

――これまでも様々な番組で海外に行かれていますが、海外進出にも興味があるのでしょうか?

私、友近さんを凄く尊敬しているんです。女優さんや演歌歌手、そして色々なキャラクターをやられているじゃないですか。友近さんに「肩書きなんですか?」と聞いたことがあって、そうしたら「芸人」と言われたんです。私も、どんなことやっても芸人でいたいなって。将来の夢は、私が女優としてアカデミー賞を受賞して、本当にあの場でスピーチをするんですが、日本人の方には“ネタと一緒や”って思ってもらいたいです! 調子乗っちゃって(笑)

――決勝にかける意気込み

次こそは絶対に優勝したい。まだまだこの春で芸歴5年目なので全然ぺーぺーですが、ずっとR-1のことを考えていたので、ひとりの芸人として結果を出したい。トロフィーをいただいて「優勝はゆりやんれとぃいばぁでした!」ってなったら、そのあとに放送されるドラマ『嘘の戦争』にオウムの声で出ているので、そこで「優勝したゆりやんがやってる(笑)」ってお茶の間に思ってもらえるようになるのが理想です。そちらも楽しみにしていただけるように頑張ります。