ドラゴンの案内で世界旅行へ!常設VRアトラクションがハウステンボスに登場

長崎のハウステンボスで3月4日(土)にオープンする、VRとメリーゴーラウンドとを組み合わせたライド型VRアトラクション「VR DRAGON WORLD TOUR」に、フジテレビ制作のVRコンテンツが提供されることがわかった。

「VR DRAGON WORLD TOUR」は、VR対応のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を装着し、既存のメリーゴーラウンドに乗る新機軸のアトラクション。VR空間にメリーゴーラウンドの動きが加わることで、これまでにない臨場感のVR体験を実現した。

このアトラクションでは、ハウステンボスの空へ舞い上がり、ドラゴンの導きのもと壮大な空の世界から、酷寒の地、灼熱の砂漠、富士山上空など、世界各国の様々な土地を駆け巡る、VRならではの幻想的な“世界旅行”が体験できる。

ハウステンボスでは、3月4日より、「VR DRAGON WORLD TOUR」をはじめとする3施設17コンテンツが新たに加わり、全体で8施設24のVRコンテンツを展開。「VR DRAGON WORLD TOUR」は、園内のアムステルダムシティ内に設置され、対象年齢は13歳以上(8歳~13歳未満は保護者の同意があれば体験可能)で、料金はパスポート対象となっている。

また、フジテレビでは、昨年7月にVR事業部を創設し、これまでにも様々なVRコンテンツを制作・提供。直近では「第41回大相撲トーナメント」において、地上波放送のない「十両トーナメント戦」「相撲普及講座」「幕内土俵入り」「幕内トーナメント」序盤の模様を360度VR生配信するなど、VRコンテンツの提供に力を入れている。