田中圭「思いっきり挑戦できる役」高梨臨主演『恋ヘタ』で天才営業マンに

田中圭が、高梨臨が主演を務める、4月6日スタートの木曜ドラマが『恋がヘタでも生きてます』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)に出演決定。NY帰りの経営のプロ・雄島佳介を演じることがわかった。

同ドラマは、小学館「プチコミック」で連載されていた藤原晶による同名漫画が原作。恋愛ドラマならではの願望満載シーンに、人生設計やセックスにまつわる赤裸々なガールズトークを交えて、女性の理想と本音が入り乱れた大人が楽しめるラブコメディが描かれる。主人公は、新興スマホゲーム会社で働くキャリアウーマンの茅ヶ崎美沙(高梨)。会社の経営トップに立つことを目指す一方で、恋は最長2ヶ月しか続いたことがなく、「恋より仕事」と突っ張って生きている。そんな美沙だけでなく、登場人物全員が恋に不器用。NY帰りの天才営業マンで経営のプロ・雄島佳介(田中)は、仕事も恋愛もパーフェクトに見えるが、強引な恋のアプローチのウラには実は乗り越えられない過去が。美沙のルームメイトで家事上手な清純派お嬢様の受付嬢・榎田千尋(土村芳)は、婚約するが衝撃的な理由で浮気されてしまう。美沙と同じ職場で働くライバルの橋本司(淵上泰史)は、女は体の関係だけでOKと割り切って生きている。個性的なキャラクターが集まり、どんな物語が展開されていくのか。

佳介を演じる田中は「“こういうのありそう!”と“こんなん無いだろ!?”がうまいバランスで存在しているなあと思いました。それぞれの登場人物が何かを抱えている中、描かれる恋模様がとても気になり読んでいて楽しかったです。すぐ続きが読みたくなりました」と台本の印象を明かし、「17年俳優をやらせてもらっていますが、ここまで自分にないものだらけの構成をされているキャラクターもなかなか無いので、思いっきり挑戦できる役かなと思っています(笑) リアリティーは大事に自分らしい佳介に出来ればいいなと思います」と意気込む。

また、主演の高梨については「高梨さんとは以前も共演させていただいていますが、がっつりお芝居で絡むのは初めてなので楽しみです。恋愛をするのは、緊張と恥ずかしさはありますが、色々と相談しながら面白い作品に出来ればいいなと楽しみです」とコメント。「様々な恋模様とキャラクター。モヤモヤしたり、共感することがたくさん詰まっていると思うので、ぜひお気に入りのキャラクターや恋愛を見つけて一緒に楽しんでください!」と視聴者にメッセージを送った。

PICK UP