国分太一『おさんぽジャパン』1000回記念に喜び!思い出の場所は…

TOKIOの国分太一が、日本全国をおさんぽする中で、四季折々の絶景や美味、歴史ある街並み、各地に暮らす人々の魅力を発見し紹介てきたミニ番組『国分太一のおさんぽジャパン』(フジテレビ、毎週月曜~金曜11:25~)が、2月23日(木)に記念すべき1000回目の放送を迎える。国分がコメントを発表した。

2013年4月に、埼玉県川越市からスタートしたこの番組は、今年1月までの約3年9カ月の間に延べ85県、約190市町村に出かけ、全都道府県を“おさんぽ”制覇。現在は、2巡目に入っている。

国分は初回収録を振り返り「“おさんぽして、見たものや食べたものの感想を言う”という、ある意味“野放し”で“自然体”な番組は初めてだったので、正直最初は、不安で怖かったです」と振り返り、「でも、2回目からはすぐに“楽しみ”にかわってきて、他の仕事が忙しくなってきた時でもいい意味で“ストレス発散”させていただいています」と愛着を語った。

そして、毎回5分という短い放送時間だが、ロケは2日間で15回分(=3週間分)収録となっており、意外とハードスケールで撮影は行われている。国分は「日程的には大変だったこともある」と言いつつ、「“城下町の作り方”も地方によって違って、スタジオにいるだけでは分からない知識や情報、昔の人たちの知恵をたくさん学ばせていただいて、とても充実しています」と笑顔を見せた。

また、その土地ならではのグルメも見どころのひとつ。山形県のかまくらの中で食べた“豆もやしラーメン”は格別だったようで「体が冷えている状態で食べた温かいスープと長いもやしのしゃきしゃきした食感が忘れられません」とコメント。また、都内では、おさんぽの途中にたまたま教えてもらった、予約が取りにくいそば屋さんに飛び入りで交渉したことがあると言い、「特別に一口ずつ試食させていただいた」と懐かしんだ。

おさんぽは、基本的にディレクターが「その土地のおすすめ」を国分に提案しロケを進めているが、国分自身も常にアンテナを張って歩いているという。「いかに面白いことを発見できるか? という点では、ディレクターさんとの真剣勝負という面もあります」と語り、「突然の出会いやハプニングを大切にしてきたからこそ、長く続いていると思います」と秘訣を明かした。今後の展望については「島に行くと今まで知らない景色に出会える気がするので、小笠原諸島に行ってみたいです。あと、ゲストにきてもらうとすると、V6の岡田くんや関ジャニ∞に関西を案内してもらうとか、地元に詳しい後輩に“知る人ぞ知る”の情報を教えてもらうのもいいですね」と思いを巡らした。

尚、1000回目に訪れた場所は熊本県。人吉市、熊本市、天草市をおさんぽし、熊本県の魅力を伝えていく。また、国分がご当地の有名人と共におすすめの場所やお店を巡り、日本全国を盛り上げる新企画「ご当地ガイドシリーズ」がスタート。1回目は、テレビ熊本の荒木恒竹アナウンサーが登場し、国分も絶賛したおすすめ絶品料理を紹介する。

PICK UP