青山テルマ「◯◯と言われるのがキライ」その真意とは

アーティストの青山テルマが、2月13日(月)21時から放送の『人生が変わる1分間の深イイ話2時間スペシャル』(日本テレビ系)に登場。曲作りの裏側や、知られざる素顔を明かす。

羽鳥慎一とチュートリアルが司会進行を務める同番組は、様々な人に密着し、その中から“深くてイイ話”を1分間のVTRで紹介。その後、スタジオのゲスト陣が“深イイ派”と“うーん派”に分かれて、各々の解釈でトークを展開していく人気バラエティ。「強い女性は本当に幸せなのか?SP」と題した今回のゲストは、生田斗真、大久保佳代子(オアシズ)、乙葉、滝沢カレン、博多大吉(博多華丸・大吉)、森泉。

大学在学中に発表した楽曲「そばにいるね feat. SoulJa」が大ブームを巻き起こし、先日に出演した『今夜くらべてみました』で強烈なキャラが「面白すぎる」と話題を集め、再ブレイク間近と言われている青山。今回は、密着VTRの中で知られざる素顔を明かしていく。

トリニダード・トバゴ人の祖父を持つクォーターで、両親は幼い頃に離婚。奈良県の田舎町で母親と生活していて、幼稚園では1人だけ肌の色が違うことでいじめにあったという。さらに、アルバイトをして自分で学費を払いながら、学生と歌手活動を両立させ、有名私立大の上智大学に進学。そして、大学1年生の時に「そばにいるね」が大ヒットした。

いつもテンションが高い青山だが、曲作りに対してはマジメ。ファンと本音で語り合ったりしてヒントを得るそうで、「“共感する曲を書いて下さい”と言われるのがキライ。皆、個々で違うから。その人のアイディア、インスピレーションになる言葉が生まれればいい」とコメント。そして、ライブ当日には、彼女の歌、生き方に共感する人が集まった。いじめや差別、そして歌のヒット、壮絶な人生を歩んできた中で起こった変化とは……。

このほか、「笑いに厳しい2丁拳銃・修士の妻 野々村友紀子」「今人気急上昇中の女性芸人 ゆりやんレトリィバァ」「ジェンダーレスモデル 中山咲月」に密着したVTRも紹介される。