吉高由里子がワンナイトラブ『タラレバ娘』「エロすぎる!」と話題に

吉高由里子が主演を務める連続ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第2話が1月25日に放送され、平均視聴率11.5%を記録した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

原作は、既刊5巻で180万部を突破した東村アキコによる同名人気コミックス(講談社「Kiss」連載)。主人公は、30歳、独身、売れない脚本家の鎌田倫子(吉高)。彼氏もおらず、親友の香(榮倉奈々)、小雪(大島優子)とともに居酒屋で女子会ばかり繰り返す日々。タラレバ話ばかりしていると、突然、金髪イケメン年下男子・KEY(坂口健太郎)に「このタラレバ女!」と言い放たれてしまい、ハタと厳しい現実にブチ当たる。「あれ? あたしたちってもう女の子じゃないの?」と、オトナになりきれないまま30代に突入したヒロインが、悪戦苦闘、右往左往しながら幸せを求めて恋に仕事に奔走する。

第2話では、自分たちを「タラレバ女」と名付けた男が今話題のモデルだということも判明し、衝撃を受ける倫子たち。そんな中、早坂(鈴木亮平)から新ドラマの主題歌を歌うバンドのライブに誘われた倫子は、香と小雪と一緒に行くことに。ライブに集まった若い女子たちの熱気に押され気味の3人だったが、香はギタリストに見覚えが……。それはなんと、元カレ・涼(平岡祐太)だった。運命的な再会に胸をときめかせる香。しかし、涼にはモデルの彼女がいることがわかり、香はどっぷり落ち込んでしまう。

一方、「恋がダメでも仕事だけは」と脚本執筆に精を出す倫子だったが、突然、新ドラマの仕事から降ろされてしまう。代わりに脚本を担当することになったのは若い女性脚本家。マミから「女を使って仕事を取ったのかも」と聞かされた倫子は、真相を確かめようと彼女を尾行する。その結果、仕事を奪われた理由は「実力の差」だったことがわかる。仕事も恋も上手く行かないことで落ち込む倫子は、居酒屋で酔いつぶれてしまい、そこに居合わせたKEYに家まで送ってもらうことに。その後、成り行きでワンナイトラブをしてしまうのだった。

放送終了後には、「すぐにティッシュが出て来るところがおばさんっぽい」「少なくとも3人の中では一番若く見える」「現役(若い)の女の子はリアリティが違う」などのセリフを受け、ネット上では「自分の将来見てるみたいや」「面白いけど観ていてすごく辛い」「今結構幸せでもタラレバがメチャクチャ刺さる」とダメージを受ける視聴者が続出した。

また、衝撃のラストシーンでは「坂口健太郎がエロすぎる!」「私と変わって欲しい」「金髪坂口健太郎がストライクすぎる」「イケメンに押し倒されたい衝動が駆り立てられたあああ」と興奮気味のコメントが。そして、「やばすぎて次回が気になる」「来週からは田中圭も出るのか。期待が高まる」など、次週の放送を楽しみにする声もあがっていた。